FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

野母崎にて・・・パート④ 

ツメナガセキレイ
全長16.5cm、
キセキレイに似ているが、足が黒く、濁った声。背面が灰褐色で腹面が黄色のセキレイです。
主に旅鳥として渡来します。日本海側の島嶼での記録が多い。
北海道北部の湿原で繁殖する他、主に西日本の農耕地や河川に旅鳥、または冬鳥として飛来するが、少ない。
ジッジッ、ジーなど濁った声。
繁殖する亜種キマユツメナガキセキレイ(夏羽の眉斑が黄色)以外に、白い眉斑のもの、眉斑のないもの
などの違った亜種も飛来するが、どれも冬羽は似ている。(野鳥辞典参照)

日本では、4亜種がよく知られている。 
キマユツメナガセキレイ、マミジロツメナガセキレイ、キタツメナガセキレイ、シベリアツメナガセキレイ。
FX0A0589.jpg

キマユツメナガセキレイ
眉斑と喉から下が黄色       東アジアやシベリア東部からサハリンや北海道北部で繁殖している。
FX0A0599.jpg

FX0A1038.jpg

マミジロツメナガセキレイ
額から頭頂、頸と過眼線が青灰色で、眉斑は白い。  東アジアやカムチャツカから千島列島似て繁殖、南西諸島で越冬 する。
FX0A0365.jpg

FX0A0595_20160508154139e8b.jpg

FX0A0674.jpg

キタツメナガセキレイ
眉斑がなく、目先と頬が黒い。   東アジアから中国北東部で繁殖
FX0A0466_201605081543486c5.jpg

FX0A0900.jpg

シベリアツメナガセキレイ
マミジロツメナガセキレイに似るが、眉斑が目の後方にしかない、または薄い。   シベリア中部で繁殖
FX0A0370.jpg

FX0A0356_201605101419080fe.jpg

色々な野鳥がいるので夢中になって撮影しているとお昼を過ぎてしまった。
それでも、シマノジコもいると聞いていたので、粘って探してみたが、姿を見ることはできなかった。
スイセン公園にアカガシラサギの成長がいるとも聞いたが・・・時間切れである。
残念だが帰還することにした。
帰還途中にどうしても寄りたいところが1件あるのだ・・・・・。

帰りの道路はまったく混むこともなくスムーズに車を走らせることができた。
これはまったく予想外だった、・・・・・・・。

平成28年5月4日~5日撮影

にほんブログ村
スポンサーサイト



category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://itihare1103.blog.fc2.com/tb.php/539-9c9656b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード