FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

ハヤブサの狩 

海峡を渡るヒヨドリにとって最大の天敵は
A17R0162_1.jpg

ハヤブサである。
2008_06_14_3641_1_1_201605012257455e0.jpg

ヒヨドリが飛び立つのを待って
A17R0132_1_2016050122470954b.jpg

ゆっくりと追尾を開始する。ここのハヤブサは3羽の雛の子育て真っ最中である。
FX0A0613.jpg

ヒヨドリの追尾にもタイミングがあるようだ
FX0A0623_20160501211018b55.jpg

ヒヨドリの群れが飛び立ってから・・・海面すれすれに降り本格的に渡りを開始したところを見計らって・・・・
FX0A0012a_20160501215307a4e.jpg

その群れを追うのだ・・・・。
FX0A0014_201605012110171cb.jpg

群れに近づきながら・・・・・・追い立てる。
FX0A0473.jpg

ヒヨドリの群れは、徐々に固まってくる。 固まりから離れたヒヨドリを狙っている。
FX0A0578a.jpg

そして狙いを定めると・・・・・猛然と追尾し・・・・・逃げるヒヨドリに・・・
FX0A0186_20160501211016a88.jpg

容赦なく襲い掛かる・・・・・。
FX0A0187.jpg

この際、そのまま捉える場合と・・・・・足で海上に蹴落とす場合とあるようだ。
FX0A0188_20160501211302094.jpg

今回の場合は・・・空中で捉え・・・・
FX0A0021_20160503091650e2c.jpg

さらに飛びながら
FX0A0197a.jpg

空中で首の骨を折ったり
FX0A0217a.jpg

羽根をむしったりしている
FX0A0218a_1.jpg

そして一目散に・・・雛のいる巣に向かって飛んでいった。
FX0A0222.jpg

一見、残酷にも思えるハヤブサのヒヨドリ狩ではあるが・・・・これが自然の姿である。
ハヤブサも生きるが為の狩であり、ヒヨドリも何百分かの一を犠牲に生きるが為の渡りの行動を繰り返す・・・・。

平成28年4月30日撮影 (トリミング加工している)
この画は、前日に撮影されたものですが・・・・・・
すべて奥さんが撮影したものです。(500mm/F4 - EOS7D)
A17R0023.jpg

ヒヨドリが渡りを始めました。
IMG_3598.jpg

残念ながら沖は靄がかかっています。
A17R0153_20160503233931d38.jpg

沖で急降下していきました。(アップしています)
FX0A0353_20160503161409e2d.jpg

見計らったように飛んで来たハヤブサが・・・・
IMG_3442チ

急降下
IMG_3423.jpg

渡り途中の群れを襲います。
FX0A0102_20160503153638a39.jpg

急上昇したときにはすでにヒヨドリを掴んでいました(沖がもやっていて影絵状態です)
IMG_3765.jpg

アップしてみると若干わかると思います。
IMG_3766.jpg

帰ってきました。
IMG_3472.jpg

IMG_3378b.jpg

IMG_3431.jpg

正面アップです。
FX0A0084b_1.jpg

巣の近くまで来ましたが、巣にはよりません。
IMG_3665_201605031551508b3.jpg

飛びながら食べているようです。
IMG_3672_20160503155149565.jpg

そのまますに寄らず、貯蔵場所に向かったったようです。
IMG_3661_20160503155149d9f.jpg

平成28年4月29日撮影
スポンサーサイト



category: 猛禽/ハヤブサ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://itihare1103.blog.fc2.com/tb.php/533-0bbb0fde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード