FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

シギの季節 

曽根干潟にもシギが渡ってきており数が少しずつ増えてきている。

ハマシギの群れにトウネンやオオソリハシシギ等が混じって飛んでいる。
FX0A0221.jpg

岩場で一休み
FX0A0326_20160404200537ef4.jpg

オオソリハシシギ
FX0A0140_20160404200536860.jpg

夏羽になってる。 雄と雌
FX0A0102.jpg


FX0A0060_20160404200932db3.jpg

飛翔 雄に続いて雌
FX0A0181_20160404200535a1a.jpg

長いくちばしが、やや上に反る。
全長:41cm
干潟、砂浜、海に近い湿地に飛来するが、春に多い。
成鳥の雄、夏羽は、顔から腹にかけての体の下面が赤褐色である。雌は、体全体の赤褐色みが薄い。
成鳥の冬羽は雌雄とも、体の上面は灰褐色で、顔から胸にかけては淡い褐色である。体の下面は白い。
オグロシギに比べて足が短く、幼鳥では黄褐色味はなく、背の模様が細かくて、ざくざくした感じ。
ケッ、ケッと鳴く.
まれなオオハシシギは,これよりひと回り小さい。(日本野鳥の会解説参照)
FX0A0008.jpg


冬羽なんだろうか?、それとも幼鳥なんだろうか?
FX0A0261.jpg

大型シギもいますが・・・・・・・・・・
よく判らないのがホウロクシギとダイシャクシギの判別だ

これは全体に茶色っぽいので
ホウロクシギだろう
FX0A0152.jpg

ホウロクシギ
ダイシャクシギに似て、腰や尻が白くない。
全長:62cm
広い干潟に飛来する。
ダイシャクシギより茶色味が強く、飛ぶと腰や翼の裏が白くない点が違う。
ダイシャクシギに似た大声を出すが、ややかすれ声。(日本野鳥の会解説参照)
FX0A0150_201604012140505b8.jpg

これも、ホウロクシギ
FX0A0104.jpg

そしてこれは明らかに腹全体が白ぽいので
ダイシャクシギで間違いないだろう。
FX0A0125.jpg

ダイシャクシギ
カラス大で、くちばしは極端に長く、下を向く。
全長:60cm
広い干潟に飛来し、本州中部以南では冬を越すものもいる。
飛ぶと背から腰がはっきりと白い。
干潟にくちばしを差し込み、カニを食べる。
ホーイーンとよく通る大声で鳴く。         (日本野鳥の会解説参照)
FX0A0128_201604012140483d2.jpg

これもダイシャクシギ
FX0A0157.jpg

だがこうなると判らない
FX0A0026_20160401214317fda.jpg

ダイシャクシギ? ホウロクシギ?
FX0A0015_20160401214319740.jpg

ダイシャクシギ・・・としておこうか、よくわからないが・・・・・(足の付け根や腹がやや白っぽく見えるのだが??)
FX0A0019.jpg

勉強不足であろうが、シギの判別はいつまでたってもよくわからない。
図鑑を見ながらでもわからない・・・・・本音。

平成28年3月31日撮影
スポンサーサイト



category: シギ・チドリ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://itihare1103.blog.fc2.com/tb.php/524-2f641aca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード