FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

オジロビタキの亜種 

前項からの続き・・・・。

オジロビタキです。
去年からこの公園に長逗留しているメスのオジロビタキです。(ニシオジロビタキとも言われている)
FX0A0260_20160114211634a85.jpg

全長12cm位でスズメより小さい
見られる時期 は、冬鳥として10月から4月頃まで、 毎年のように全国で記録が有るが数は少ない。  
生息場所としては、公園の比較的明るい林縁で観察されることが多く、 よく地上に降りて餌となる昆虫や蜘蛛など
を探している。  
特徴はオスの成鳥の冬羽は喉がオレンジ色だが、これはメスや若鳥には見られない。
公園で越冬する個体はメスか若鳥蛾ほとんどで喉がオレンジ色の成鳥は稀である。
幼鳥は雨覆いの先端の白い斑がラインになって見えるが、性別の識別はこの時期難しい。
尾を上げると白い下尾筒がよく目立つ。   野鳥図鑑より参照

公園に着いてしばらくは見つからなかった・・・・・・。
他の小鳥を撮っていると、後方でビイジジジ・・・・と小さな泣き声がした。
振り向くと、看板の上に小さな鳥が・・・・。
尾をひくっと立てて止まっている。これがオジロビタキだった。
FX0A0026.jpg

このオジロビタキ・・・一時もじっとしていない。小枝や地面やあちらこちらを飛び廻る・・・。
FX0A0140.jpg

が・・・範囲はだいたい一定しているようだ。いったん見失っても、すぐ戻ってくる。
FX0A0175.jpg

特徴的には、嘴が橙色に見えるので、皆さんが言うところの亜種ニシオジロビタキということになるのだろうが・・・・・。
FX0A0185.jpg

フイールドガイド日本の野鳥には、オジロビタキまでしか分類が載っていない。
亜種まで分類していないので判別が詳しく判らない、だからここは敢えてオジロビタキとしておく。
FX0A0188.jpg

それにしても、愛くるしい小鳥である。
FX0A0190.jpg

FX0A0194_201601142117052bf.jpg

FX0A0240.jpg

500mm/4×EOS7DmⅡ
平成28年1月10日撮影
スポンサーサイト



category: ビタキ類

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://itihare1103.blog.fc2.com/tb.php/505-a94bf44b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード