FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

9日目、三笠から 

三笠市では、エゾフクロウを撮影すため市来知という名の神社を目指した。
大きな病院の隣にある神社で場所はすぐに分かったが、駐車場がすでに満杯状態だった。
仕方なく余裕のある隣の病院の駐車場を借りた。

神社裏の林の中には,すでに15~6人の先客がいた。
金曜日なのに意外と人数が多いのには驚いた。 が、その訳はすぐにわかった。
雛たちが巣を離れ枝止まりをしており、撮影対象になっていたのだ。

エゾフクロウの雌親
DPP_0056_201506231957056cf.jpg

雛は、すでに巣立ちし、巣穴の外の小枝に止まっていた。
FX0A1651.jpg

4羽の雛がいるようだ。なぜか一羽が若干離れたところにいた。
FX0A1725.jpg

3羽は互いに寄り添い、向きを入れ替えたり、
FX0A1762.jpg

時折、身を投げだして我々を見下ろすしぐさをする。
IMG_3081.jpg

親は、若干離れたところで眠たそうな顔でジーッとしている。
ごくまれではあるが、時折様子伺いに目をあけ、あたりを見回す仕草をするが、ほとんど目を瞑ったままだ。
DPP_0057_20150623195704ba9.jpg

この日は、三笠市から452号線を通りさらに135号線を抜け38号線の芦別街道沿いにある
滝里湖オートキャンプ場まで行き、そこで一泊した。
P1010569a.jpg

この広いキャンプ場に宿泊したのは、我々の車一台のみ、完全に貸切状態だった。
a.jpg

電源がついているので、電子レンジも発電機を動かすことなく使用できた。
(もっとも宿泊者は我々だけだったので発電機をいくら動かしても気にする必要はなかったのだが)
シンクの汚水を処理し飲料を補給した
この日は、野幌から約130kmの道のりだった。

小樽からの走行距離約197Km
スポンサーサイト



category: キャブコンで北海道まで鳥撮りの旅

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://itihare1103.blog.fc2.com/tb.php/443-c651fcfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード