FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

ビオト-プにて 

久しぶりに響灘のビオトープに行ってみました。
天気は良かったんですが、風が強かったせいか、中は閑散としていました。

雲雀があちこちでホバリングをしながらしきりに鳴いています。
FX0A6717.jpg

この雲雀降りたところに巣があるようです。
FX0A6515_1.jpg

夏鳥 ホオアカが来ていました。
FX0A6501_1.jpg

この日の目的は、この鳥です。園の中を探しまわってやっと見つけました。
夏羽のノビタキです。九州ではなかなか出会えません。
FX0A6825_1.jpg

ずいぶん警戒心が強くなかなかこちらに寄ってくれません。
FX0A6746_1.jpg

スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。全長約12センチ。
ヨーロッパから、日本を含むアジアまで広く分布し、北方のものは南下して越冬する。
日本では、本州中部地方以北の高原と北海道低地の草原に夏鳥として渡来し、5~7月に、地上の物陰に巣をつくり
5~7個の卵を産む。
雌は、上面が黒と褐色のまだらで下面は淡黄褐色。雄も秋の換羽で似た姿になるが、越冬中に羽の縁が擦り切れて、
頭からのどにかけて、および背面が黒く、胸が赤くなる。雌雄ともに翼に大きな白斑(はくはん)がある。もっぱら地上や
草の葉などの昆虫を捕食する。(野鳥辞典参照)
FX0A6779_1.jpg

仕方なくトリミングしアップしてみました。
FX0A6779a.jpg

(EOS7DMⅡ×400mm-F5.6)
平成27年4月11日撮影
スポンサーサイト



category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://itihare1103.blog.fc2.com/tb.php/422-7bfe1696
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード