FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

ヘラサギ 

随分暖かくなってきました。陽気に浮かれたわけではありませんが、久しぶりに出かけてみました。
近所の川沿いは、ソメイヨシノが爛漫の花を咲かせており、薄桃色が川面に映えてとてもきれいでした。
5F8B2172_1a.jpg

河口でヘラサギに出会いました。
FX0A6096.jpg

ここの河口に、昨年から5~6羽程いたクロツラヘラサギの姿が見当たりません。すでに渡っていったのだろうか。
このヘラサギも渡りの途中で立ち寄ったようです。永旅に備えての準備なのか、ズーッと餌を漁っていました。
FX0A6100.jpg

ヘラサギ(コウノトリ目トキ科)
全長:86cm
クロツラヘラサギとは違って全身が(顔も)白い。しゃもじ型の横に平たいくちばし。
サギ科より大きく、首を伸ばして飛ぶ。
くちばしを水面につけ、横に振りながら魚などをとる。
日本には冬鳥としておもに九州の湖沼、水田、干潟等に飛来するが、数は少ない。
木にとまって休むことがある。(野鳥辞典参照)
FX0A6155.jpg

時々口を大きく開いて何か吐いているように見えるんですが、ヘラサギもペリットを吐くんだろうか?
FX0A6118.jpg

FX0A6170.jpg

これはあくまで、私の主観ですが・・・・・。
クロツラヘラサギは、全世界に約2,000羽程しかいない世界的な絶滅危惧種と言われていますが、
此処で目にする限りは、ヘラサギのほうがクロツラヘラサギに比べ圧倒的に少ないように感じます。
渡りのルートの違いなんでしょうかね。
 
(EOS7DMⅡ×400mm-F5.6)
平成27年3月29日撮影
スポンサーサイト



category: サギ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://itihare1103.blog.fc2.com/tb.php/420-683b3947
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード