FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

干潟③ 

潮が引くとシギがやってきました。
DPP_0014_20150305171310ef6.jpg

チュウシャクシギがいます。
DPP_0002.jpg

DPP_0006_20150303173343d41.jpg

ダイシャクシギです。
DPP_0027_20150303173342045.jpg
大きさは 60cm程、春や秋によく見かける。
色頭上から背は淡褐色で黒い軸斑がある。腰や上尾筒は白く、尾は白地に黒い横斑。
とくちょうは、 下に曲がった長い嘴を持つ大形のシギ。旅鳥又は冬鳥として干潟に渡来、
長い嘴を泥の中に差込で大きなカニなどを捕食する。ホウロクシギと混群を作る。
声:カーリューと大きな声で鳴く。(野鳥図鑑より参照)

DPP_0032_20150303173340b9c.jpg

ホウロクシギ(絶滅危惧種に指定されている)もいます。
ホウロクシギは、ダイシャクシギに比べ全体に褐色味が強い。
DPP_0010.jpg

日本には旅鳥として春と秋に渡来する。
全長約60センチ、ダイシャクシギとともに日本でみられるシギ類としては最大である。
嘴(くちばし)は著しく長くて下に曲がる。体は淡褐色の地に黒褐色の斑紋(はんもん)がある。
海岸や河口の広い干潟に群れをつくってすみ、カニを好んで食べる。
ダイシャクシギと混群をつくることも多い。群れで飛ぶときには編隊を組む。(野鳥図鑑より参照)
DPP_0003_20150305171308e8a.jpg

まだ、数は少ないがこれから増えてくると思われます。
平成27年2月21日撮影
スポンサーサイト



category: シギ・チドリ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://itihare1103.blog.fc2.com/tb.php/415-d633ad51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード