FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

隣県の公園で① 

コイカルを撮りに隣県の公園へ出かけました。
仕入れた情報によると、午前中の10時前後だったらコイカルの来る場所もだいたい特定でき、
そこで待っていれば、ほぼ間違いなく撮影可能との事でしたので、時間に間に合うよう早めに自宅を出ました。
高速道路を利用して小一時間ほどで、現地に到着しました。
1時間ほど早めに着きましたのでしばらく園内を散策しました。
陸上競技場も隣接されており、野外音楽堂、武道館、テニスコートや多目的ホールなどもあります。
又いたる所にトイレや給水場があり、駐車場も多く整備された綺麗な公園です。
私たち同様、望遠レンズを手にした人たちを、あちらこちらで見かけたので聞いてみると
コイカル狙いではなく、ハチジョウツグミを探しているとの事でした。
ハチジョウツグミは先ほど、生垣の傍で偶然見かけたので、その場所を教えてあげました。
少し太り気味のハチジョウですが、一応撮影しました。
DPP_0220.jpg
全長:24cm  雌雄同色
冬鳥として全国に渡来するが数は少なく観察機会は少ない。
ツグミに混じって芝生と樹木の多い公園で見られることが多い。
体型はツグミだが頭から胸と全体的に赤っぽく、眉斑は目立たなくなってゆく。 
個体変異が大きくツグミとの中間的な個体もいて俗に4畳半ツグミなどと言われるものもいる。  
シベリアからサハリン方面で繁殖するツグミ類のうちツグミは極地方で繁殖し、ハチジョウツグミはそれより南で繁殖する。日本列島から南の東南アジア一帯で越冬するツグミに比べて中国の北の方で越冬するハチジョウツグミ。  
日本は渡りのルートから外れているので見られる機会は少ない。
(奥さん撮影)
DPP_0213.jpg
皆さん、図鑑で見るより、赤みが少ないと言っていましたが、私はこんなもんだと思っています。
今日、ここに鳥撮りに来ている人たちのほとんどは、このハチジョウが狙いだそうです。
此処では、コイカルは珍しくもなんともない鳥・・・・と言う事なんですね。

コイカルが日に一度は必ず此処に来ると言う、小川の前で木造のベンチに座って待っていると、
まず最初にイカルがやってきました。前方の木に止まっています。
IMG_1554_1_20150217202118d91.jpg

しばらくしてコンクリート作りの小川の淵に舞い降りました。
FX0A3874.jpg

さらに川中にある小石の上に降りると
FX0A3894.jpg

水を飲み始めました。
IMG_1567_1_1.jpg

2羽ほどが入れ替わり、水のみにやってきました。
FX0A3924.jpg

コイカルが来るであろう予定時刻までには、まだ多少時間があります。
平成27年2月14日撮影
スポンサーサイト



category: イカル

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://itihare1103.blog.fc2.com/tb.php/409-43cfbb3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード