FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

干拓地③ アカアシチョウゲンボウ 

夜中に土砂降りの雨が降っていました。
朝6時ごろは小雨に変わり、8時ごろには雨もすっかりあがり雲間から薄日が差しておりました。
朝食を済ませ、赤足を求め車を走らせていると、前方からバンが走ってきて、後ろの方を
指差しながら、通り抜けてゆきました。車をユーターンさせ後追いました。
道路わきの電腺に向けてレンズが並んでいました。その先に鳥が止まっています。
聞くと、探していたアカアシチョウゲンボウだそうです。
成るほど赤い足をしています。
皆さんは随分近くから撮っています。



他のチョウゲンボウと違って、近づいてもあまり驚かないそうです。
この子は雌だそうです。雄もさっきまでいたんだそうですが飛んだそうです。
皆さんは、飛んだ雄を追っかけているとのことで随分残念がっていました。



私はメスでもオスでも珍しいのでいっこうにかまいません。
但し、曇りなので背景が白抜けしてしまいすこし残念でした。



しばらくぶらぶら車を走らせていると、4~5人の先ほどとは違ったグループの人達が
真剣に何かを撮影している処に出くわしました。
聞くと、今度は先ほどの皆さんが本命視して追いかけていた雄だそうです。
よく判りませんがとにかく機材を出して撮影です。



そういえば雌や若鳥のように腹に斑模様がありません。



同じアカアシの中でも雄は大変珍しいのだそうです。



ラッキーなんでしょうが、なんだかこういとも簡単に撮影できてしまうと
珍しさも実感がわきません。それでも初見初撮りです。
いずれも白抜けですが・・・・・。
(この画は奥さんが500mmで撮影)



これは、若鳥がネギ畑のイナゴを獲っているところです。
(この画は奥さんが500mmで撮影)



これも教えていただいたことですが、このアカアシチョウゲンボウは他のチョウゲンボウと違って、止まるのは電柱ではなく電線だそうです。そういえば写真も止まっているのはみな電線でした。
証拠写真のような画ですが、とにかくバッチリ撮れましたので満足です。
お昼過ぎごろまで居たかったのですが、夕方私用が控えていましたので、この日は
早々に帰還しました。

平成24年10月28日撮影
スポンサーサイト



category: 猛禽/チョウゲンボウ

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://itihare1103.blog.fc2.com/tb.php/4-4e47d9e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード