FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

トラツグミ 

足立公園のトラツグミに会いに行ってきた。
教えてもらった出現場所に行ったが誰もいなかった。
バーダーの一人ぐらいは居るだろうと思っていったのだが・・・この場所で間違いないのだろうかと多少不安になった。
とりあえず一脚に400mmをつけてスタンバイをした。
しかし現れるのはシロハラばかり・・・・。
A17R0297.jpg

ジョギングで通りがかった人が、昨日は4人ほどの人が、もう少し先の方でカメラを構えていたと教えてくれた。
いわれた通りの場所で、待機すること10分、カサッ、カサッと落ち葉をあさる音が聞こえてきた。
やっとトラツグミが現れた。
FX0A0664.jpg

FX0A0613_2018021121120651e.jpg

このトラツグミ、人間に物怖じしないのか、どんどん近寄ってきた。
FX0A0496.jpg

興味深げにこちらを見る。
FX0A0620.jpg

夜に笛の音のような声でヒー、ヒョー(さえずり)と鳴く。
全長:30cm
山地の林で繁殖。
根雪のない地域で越冬。
飛ぶと翼の裏に白い帯。
奄美大島の亜種オオトラツグミは、アカハラのような美声でさえずるが、数が少なく絶滅が心配される。
FX0A0480_20180211211204705.jpg

FX0A0637_20180211211203dde.jpg

帰りに風師山に廻ってみたが、めぼしい鳥は居なかったが、
ルリビタキの若鳥に出会った。
FX0A0715.jpg

平成30年2月8日撮影



スポンサーサイト



category: ツグミ類

TB: 0    CM: 0   

若松へ、トモエガモを見に! 

若松へ
トモエガモが来ているというので行ってみました。
見られるという場所を教えてもらったので、待機していたのですが・・・なかなか現れません。
木々の間からオシドリの群れが・・・・結構遠いんですよ!
FX0A0327.jpg

オシドリも開けた場所にはなかなか来ませんでしたが
FX0A0333_20180210225324eac.jpg

ようやく2羽の番がやってきました
FX0A0067_20180210225323953.jpg

奥の木陰に入って行き、倒木に上がるとそのまま眠ってしまいました。
FX0A0122_201802102253230f4.jpg

3時間ほどしてやっとトモエガモが現れました。
FX0A0140_20180210225218016.jpg

長崎の諫早に行くと何百羽と渡ってきているとのことですが・・・ちょっと遠いのと、寒いのとで・・・
ここで我慢しました。  2~3羽でしたが会えて満足です。
FX0A0246_201802102252171d5.jpg

カモ科の鳥。翼長20cm。雄の顔は黒,淡黄褐色,金緑色の美しい模様をなす。
雌の顔は淡褐色に暗色の斑紋がある。シベリア東部で繁殖し,冬は中国等に渡る。
日本には冬鳥として全国の池,沼,湖に見られるが,最近は少なくなった。( 百科事典より)
FX0A0196a.jpg

待っている間に・・・近くにクロジが現れました。
IMG_6306.jpg

すぐ隣の小枝にほんの一瞬でしたが・・サンショウクイが止まりました。
リュウキュウサンショウクイというそうです。
IMG_6225.jpg

平成30年2月8日撮影・・・・。

category: カモ・ガン

TB: 0    CM: 0   

仲良し 

トラフズクの瞑想シーンばかり見ていてもしょうがないので、近くをうろうろしていると・・・。
車が2台ほど止まっており、しきりに何かを撮っている。その先を双眼鏡でのぞくと・・・
ハヤブサがいる。
FX0A0197_20180204111535a47.jpg

なん羽かいるようだ
FX0A0600.jpg

だが、どうやら目標はこれじゃあ無いようだ・・・・・・・。
さらにあたりを探すと・・・・いました、この鳥です。

アカツクシガモ
カルガモぐらいの大きさで、橙赤褐色の体。頭は色が淡い。
全長:64cm
湖沼、広い川、広い水田などに飛来するが、数は少ない。
風切羽は黒いが雨おおい羽は白く、飛ぶとそのコントラストが目立つ。参考:『フィールドガイド日本の野鳥』

久しぶりに出会ったアカツクシガモ
FX0A0568_20180204091756c95.jpg

それに九州では珍しいこの鳥
マガン、それもなぜか一羽
FX0A0622.jpg

アカツクシガモとマガンのコラボ・・・しかもこの2羽、仲がいい、
FX0A0410.jpg

どこに行くにも一緒
FX0A0505.jpg

FX0A0510.jpg

飛ぶのも一緒
FX0A0520.jpg

行先も一緒
FX0A0534_201802040922493a1.jpg

どこで意気投合したのか、連れ立って離れません
FX0A0365_2018020409440626b.jpg

アカツクシガモは、大体単体行動ですがいつも何かの群れのそばにいるようです。
マガンは群れで行動しますが、たぶんこの子は、どこかで逸れたんでしょうね。

平成30年2月3日撮影




category: カモ・ガン

TB: 0    CM: 0   

トラフズク 

しばらく休止していた野鳥撮影、年が変わればと・・・思っていたが、結局1月中は動かずじまい。
やっと腰を上げた。今日は久しぶりの鳥撮りです。
ちょっと遠出をして、この鳥を撮ってきました。
といっても、笹藪の中、・・・何だこりゃ?・・・です。
FX0A0051_201802032116396e1.jpg

アップしました。笹の小枝が被り、見えにくいですが、トラフズクというフクロウです。

全長38cm。
平たい顔をしているフクロウの仲間。
全体が褐色と黒褐色の模様をしている。耳のように見える羽角をもっているが、この羽は、飾り羽であって聴力には全く関係無い。人の耳は顔から突出しているが、フクロウ類の耳は目の横にあり、大きな穴になってる。
この耳穴全体を羽毛が覆っているので、見かけ上は見えない。主にネズミ類を捕らえて餌にしていまる(野鳥辞典より)

見つけるのに苦労しました。対岸から双眼鏡で笹藪をなめるように端から端まで見て、約20分程かかってやっと見つけました。
場所は、確定していたのだが、教わった日からずいぶん経っていたので、もういないのかと諦めるところでした。
FX0A0055_20180203211638dd7.jpg

3羽は居ると聞いていたのですが・・・2羽しか見つけることができませんでした。
これが2羽目です。
FX0A0632_20180203211637ead.jpg

アップです。
FX0A0628_20180203211636b9c.jpg

夜行動し、昼間はほとんど寝ているとのこと、案の定、目を開けてくれませんでした。
動き出す夕方まで粘ると何とかなるとは思いましたが・・・・私用があり引き上げました。

*会ったことがない鳥だったので久しぶりに腰を上げたが・・・・・画にはなりませんでした。
証拠写真です。
 自分的には・・・会えただけで満足しています。

平成30年2月3日撮影

category: フクロウ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード