FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

アマサギ 

アマサギの集団飛行
FX0A0208_20160623114033fe2.jpg

アマサギ
白いサギでは最小。くちばしは夏も黄色。
全長:50cm
水田や草地に飛来するが、暖地では冬を越すものもいる。
他のサギより乾燥したところにもいる。
冬羽は全身白くなりチュウサギに似ているが、小さく、首が短い。声はグアー。
牛や耕作機の周りに群れて、飛び出す虫をねらう習性がある。(日本野鳥の会参照)
IMG_5289_20160623114032525.jpg

婚姻色のアマサギ
嘴全体が赤みをおび、目の付近は紫色になっている、虹彩も赤く、足までも若干赤い
IMG_5304.jpg

婚姻色のペア
コピー (1) ~ IMG_5285

なかなか様になった冠羽のあるアマサギ
IMG_5319.jpg

IMG_5325.jpg

400mm/F5.6×EOS7D
平成28年6月21日撮影
スポンサーサイト



category: サギ

TB: 0    CM: 0   

蓮池及びその周辺にて 

*画像をクリックすると大きく見れます。

バンの親子(奥さん撮影)
IMG_5248.jpg

バンの雛(奥さん撮影)
コピー (1) ~ IMG_5256

オオヨシキリ
FX0A0401_201606231145065f0.jpg

ケリの雌(奥さん撮影)
IMG_5107.jpg

ケリの雛(奥さん撮影)
IMG_5113.jpg

ケリの雄
IMG_5212.jpg

ホオアカ
FX0A0281.jpg

FX0A0299_201606231147309d8.jpg

道路上でヒバリが砂遊び
IMG_5223.jpg

400mm/F5.6 EOS7D
平成28年6月21日撮影

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

ムラサキサギ 

ムラサキサギとは聞いてはいたが・・・・・・・幼鳥の様だ
聞くところによると・・・・・10日ぐらい前からここにいるとの事
蓮池にいるときには、ハスの葉が邪魔をしてほとんど頭ぐらいしか見えないそうだが・・・・・。
この時は、たまたま近くの農道にいるのを見つけた。

ゆっくりと40m位まで近づいた、絞りを抑え、目に焦点を合わせるには、もう少し近づきたかったが・・・
サギ類は意外と臆病なのでこの辺が限界であろう・・・・・・(2倍ぐらいにトリミング加工している)
FX0A0353_201606212146589e8.jpg

こちらを時折見るが・・・・・・飛ぶ様子はない。
FX0A0336.jpg

奥さんが、ここにいるのを知らずに蓮池で待っている人達がかわいそうだというので・・・・知らせに行った
(蓮池には5~6人の人がスタンバイしていた)
FX0A0342.jpg

皆さんが息を切らせてやってきた・・・その間5・6分ほどだったが、飛ばずにじーっとしていてくれた
皆さん私のそばで何枚か撮っていたようだが・・・・・中には手持ちのレンズの小さい人がいて・・・・
FX0A0363.jpg

3人ほどが、もう少し近くで撮らせてくれ・・・・と断りを入れ、少しづつ近寄っていった
FX0A0367.jpg

が・・・・やはり警戒域を超えたのか・・・・5~6m程寄ったところで、さーっと翼を広げて飛び立った
FX0A0375.jpg

慌ててという風ではなく・・・ゆったりと飛んだ
FX0A0376.jpg

FX0A0377.jpg

上空で迂回し、蓮池の方へ向かった
FX0A0384.jpg

FX0A0387.jpg

ムラサキサギ
八重山諸島で留鳥。 全長:84cm
水田や湿地で見られるが、八重山諸島以外では、まれ。
アオサギよりくちばしが長く見える。
幼鳥は、ほぼ全身が褐色をしている。(日本野鳥の会解説参照)
FX0A0088a.jpg

FX0A0393_20160623110150c27.jpg

FX0A0409_201606212149044f7.jpg

あまり遠くには飛ばず・・・・すぐ近くの塒にしている蓮池の葦原に入ったようだ・・・・。
500mm/F4×EOS7DMⅡ

平成28年6月21日撮影
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: サギ

TB: 0    CM: 0   

ヨシゴイ 

ここは、鞍手にある蓮池
IMG_5273_1.jpg

ヨシゴイがいる
FX0A0197_20160621193720e09.jpg

どうやら3~4羽はいるようだ・・・5羽いると言う人もいる
FX0A0274.jpg

首を伸ばしてこちらの様子をうかがっている
FX0A0217_20160621200423bf2.jpg

FX0A0225_20160621193719982.jpg

ヨシゴイ
ヨシ原にすむ、小さなサギ(サギの中で最小) 全長:36cm
九州以北の水田、河川、湖沼に飛来(越冬例もある)。しげみの中にいることが多く、見つけにくい。
草の上を低く飛ぶ。その際、淡い上面に黒い風切羽が目立つ。
草地に枯葉を集めて皿形の巣をつくる。
人が近づくと首を上にのばして、じっと動かさないようにする習性がある。
雌は首から胸にかけてしま模様があり、幼鳥では体全体にある。
主に夕方頃から、静かな声でオー、オーと鳴く。(日本野鳥の会解説参照)
FX0A0381_2016062119371836d.jpg

突然、葦の中から飛び出してくる
FX0A0178_20160621193718c35.jpg

飛翔ジーン
FX0A0412_20160621193717b57.jpg

結構、縦横無尽に飛び回っている
FX0A0396.jpg

アカガシラみたいなのもいる・・・・雌?
FX0A0414_20160621193950f31.jpg

後姿・・・・・
FX0A0065_201606211939507f7.jpg

この蓮池での本命はこの鳥ではありません・・・・・・。

平成28ねん6月19日撮影
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
-- 続きを読む --

category: サギ

TB: 0    CM: 0   

ヤマセミの親子 

巣立ちしたばかりの若鳥の様だ。
FX0A0540.jpg

雌の親鳥がやってきた
FX0A0513_20160617151920372.jpg

何かしきりに話しかけているようだ。
FX0A0518.jpg

若鳥の横を通り過ぎ、端のほうへ行くと・・・・・
FX0A0422.jpg

いきなり飛び込ンだ
FX0A0389_2016061715191849d.jpg

そしてすぐに戻ってきた。
FX0A0412_2016061715210135c.jpg
2回ほど繰り返した。
どうやら飛び込みを、教えているようだが・・・若鳥は全く見ていない。
IMG_5038.jpg

親鳥が草の茎のようなものを与えた
それを銜え・・・・獲物をとった時の処理の練習の様だ。
FX0A0068_201606171521012fc.jpg

咥えなおしたり、叩いてみたりと・・・2回ほど繰り返して・・・・
FX0A0114_20160617152100dad.jpg

飽きたのかやめてしました。
そして座り込んだままじーっとしている。
FX0A0468.jpg

雄の親鳥も心配な様子で見てた。
FX0A0499.jpg

一番遅くに巣立ちした若鳥かもしれない。
雌の親鳥がつきっきりで教育しているようだった。

平成28年6月12日撮影
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: ヤマセミ

TB: 0    CM: 0   

ヤマセミパート② 

堰の横の川岸に車を止めて待っていると・・・・。

今度は、雄のヤマセミがやって来た。
IMG_4887.jpg

しばらく堰のコンクリートの上に止まったままジーとしている(奥さん撮影・・・トリミングアップしています)
FX0A0517_201606092328177fa.jpg

やおら羽を広げ
FX0A0519.jpg

川面に向かってダイビングをしたが・・・・・・・・(奥さん撮影・・・トリミングアップしています)
FX0A0521_1.jpg

水には飛び込まずに旋回して・・・・(奥さん撮影・・・トリミングアップしています)
FX0A0523.jpg

又コンクリートの上へ戻ってきた。(奥さん撮影)
FX0A0491_1.jpg

今度は側面の水の落ち際をズーッと眺めている。
FX0A0493_20160609233246b17.jpg

(奥さん撮影・・・トリミングアップしています)
FX0A0495.jpg

しばらくして・・・再び流れへ向かってダイブをしたが・・・・・
FX0A0500.jpg

そのままこちら側の岸辺へ向かって飛んで来たが・・・見えなくなった。(奥さん撮影)
FX0A0504.jpg

同じシーンを奥さん撮影分との合作で貼り付けしている。
(奥さんも一緒に撮影しているので・・それに極たまにだが・・・私のよりいい画もあるので・・・)
平成28年6月5日撮影
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
-- 続きを読む --

category: ヤマセミ

TB: 0    CM: 0   

ヤマセミ 

カメラと400㎜/F5.6を持って出かけた。雨が若干降っていた・・・・。
特に行くあてがあったわけではないが・・・・なんとなく川沿いを走っていたところ・・・・・。
いきなり「ストップ」の奥さんの声、双眼鏡を覘きながら「いた・・・・!」
「お父さん、いたわよ・・・そうヤマセミよ。堰のコンクリートの上」
「どれどれ」
指さす方向を見ると・・・・いるいる、確かにヤマセミだ。
2年ぶりのヤマセミである。

車の中からドア越しの撮影である。
FX0A0249_201606072143074e2.jpg

雌のヤマセミだ・・・・時折下の川面をのぞき込んでいる。
FX0A0366_20160607214306be8.jpg

尾をぴんと立て・・・ケッケッケッ・・・と鳴くと
FX0A0413_20160607214305e0b.jpg

川面に向かって飛んだ・・・・・・。
FX0A0416_20160607214305522.jpg

水面にバシャーと飛び込むと・・・魚をくわえて浮かんできた。
(残念ながらこのシーンは車の中だっただけに川岸の雑草が邪魔をして撮影できなかった)

大きく羽ばたくと・・・・・対岸のコンクリートの上に降りた
FX0A0173_20160607214626d46.jpg

咥えた魚の向きを変えながら・・・・大きく頭を左右に振った
FX0A0165_20160607214625422.jpg

頭をを振りながら、何度かコンクリートに魚をぶつけている・・・。
FX0A0185_201606072146256cf.jpg

魚が弱ったのか・・・それを見計らった様に飛んだ
FX0A0206.jpg

やや上流の対岸の木々の葉の中に飛び込んだ・・・。

飛び込んだ周辺を双眼鏡で確認すると・・・・木の葉の陰に隠れるように何羽かいるようだ
FX0A0514_20160607214308543.jpg

少し車を移動してさらに確認すると全部で5羽程いるようだ。
FX0A0555_2016060721430736d.jpg

多分、巣立ちした幼鳥に夫婦が連れ添っているのであろう。

刺激しないよう又、元の堰のところへ戻って待つことにした。
平成28年6月5日撮影
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

category: ヤマセミ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード