FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

アルビノ 

寒さもようやく一段落し暖かさが戻ってきた。
出かけようと思ったが、足を痛め無理ができないので・・・・・・。
先日撮ったコガモで思い出し・・・・・・載せてみた。

これは普通のタゲリである。
IMG_4532_1.jpg

これもタゲリなのだ。
2008_03_02_0660a.jpg

全身白い・・・・・・・。
2008_03_02_0656.jpg

タゲリのアルビノなのだ。
白いタゲリ3

これも同様
これは、普通のモズ
5F8B0753.jpg

これもモズなのだ。
A17R0499_1.jpg

やはり全身白いが・・・・・・。
A17R0268_1.jpg

やはりモズのアルビノなのだ。
A17R0445_1a.jpg

いずれも昔撮ったもである。
白いカラスも話題になったが、最近では白いスズメなんかが話題になっているようだ。
スポンサーサイト



category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

チョウゲンボウ 

久しぶりにチョウゲンボウに出会った。
有線のワイヤーにしばらく止まって、時折下を見ては餌を探しているようだった。
FX0A0326_20160128235007aee.jpg

何か見つけたのか垂直に降下した。
FX0A0258_2016012823500660c.jpg

FX0A0259_20160128235005c49.jpg

勢いよく草むらに飛び込んだが、結局何も掴まず舞い戻ってきた。
FX0A0304.jpg

FX0A0305_201601282350033db.jpg

スキージャンプのテレマーク姿勢のような着地である。
FX0A0306_201601282350021fe.jpg

しばらく止まってキョロキョロしていたが・・・・・。
FX0A0314_20160128235044005.jpg

飽いたのか・・・・。
FX0A0389_20160128235043715.jpg

飛んだ・・・・・。
FX0A0404_2016012823504276e.jpg

平成28年1月21日撮影

category: 猛禽/チョウゲンボウ

TB: 0    CM: 0   

近くの川の河口にて 

九州にも大寒波到来、我が家の玄関先の風景です。
日中-2度~-1度の氷点下の気温だそうです。
P1030571.jpg

以下の写真は、3日前のものです。

先日見つけたヤツガシラをチェックに行た。
出会った場所に2時間ほど粘ってみたが出会えなかった。
仕方なく、久しぶりに近所の川の河口を覗いてみた。
途中、モズが目の前を行ったりきたりしていた。
尾をまっすぐ立てて警戒ポーズ。
FX0A0058.jpg

これは獲物を狙っているようだ。
FX0A0076.jpg

河口ではちょうど潮が引き、アオアシシギが餌を求めて歩き回っていまた。
FX0A0408.jpg

FX0A0416.jpg

ユリカモメが休んでいる。
FX0A0452.jpg

ズグロカモメが飛んでいた。
FX0A0556.jpg

川の中央をウミアイサのメスが潜水を繰り返しながら上流に向かっていた。
FX0A0544.jpg

FX0A0477.jpg

変わったコガモを見つけた。
FX0A0602.jpg

頭が白い粉をかぶったように変色し、尾もまばらに白い、決定的なのは嘴が黄色なのだ。
FX0A0709.jpg

コガモのオスと比べてみても違いが判るが、形はどう見てもコガモである。
アルビノなのだろうか?FX0A0731.jpg

水の残った田んぼのあぜで、しゃがんだヒバリを見つけた。
FX0A0096.jpg

しばらくジーッとしていたが、こちらに気がついたのか、むっくり起き上がって、飛ぶかどうしようか迷っていた・・・・・。
FX0A0083_20160124122644087.jpg

電線の上にチョウゲンボウがいた。久しぶりに見るチョウゲンボウだ。
FX0A0225_201601241226422c4.jpg

平成28年1月21日撮影

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

ヤツガシラ 

前項の続き・・・・・。

「私が見つけたんよ・・・」ヤツガシラの発見に奥さん得意顔である。
「お父さん車から降りたらだめよ、飛んでしまうから・・・ほら此処から撮って」・・・急に饒舌になった。
FX0A0430.jpg

トコトコ歩きながら少しづつこちらへ寄ってくる。
FX0A0451.jpg

立ち止まった・・・ジーッとしていたが、いきなり横を向くと
FX0A0486_201601172343141ec.jpg

パーッと冠羽と尾羽を同時に広げた。背伸びでもしたのかそれとも何かに驚いたのか・・・・・・・!
FX0A0488.jpg

そのアップ
FX0A0489.jpg
冠羽を数えて納得した。八つ羽根がある。なるほどこれで八頭なんだと・・・・・・・。

冠羽を閉じても・・・・姿勢はしばらく固まったままだった。
FX0A0493_20160117234311e6a.jpg

又餌を求ながらこちらへ寄ってくる。
FX0A0501.jpg

FX0A0515_201601172346548ff.jpg

虫を咥え嘴をあげた。
FX0A0580.jpg

そのまま飲み込んだ。
FX0A0582_20160117234651a01.jpg

さらにどんどん寄ってくる。
FX0A0605.jpg

FX0A0683.jpg

又、虫を捕まえた。
FX0A0738.jpg

捕食に夢中で、こちらに気が廻らないのか、さらに寄ってくる。
FX0A0754.jpg

とうとうファインダー内いっぱいにまで寄ってきた。約4mほどの距離だ。
FX0A0756.jpg

直射日光の当たる道路際の斜面を嘴で掘り出した。そしてだんだん体を沈めていく。
体をすっぽり埋めてしまい、日が当たって暖かいのかそのまま動かずジーッとしている。
目を時々閉じては眠り込みそうだ・・・・・・・が、その至福の時も5分と持たなかった。なにしろ道路ぎわである。
FX0A0769.jpg

滅多に車は通らないのだが、運悪く一台のオートバイが、私たちの車の横を通り抜け・・・ヤツガシラのすぐ横を走った。
ヤツガシラもビックリした様で、目をパッチリあけ、冠羽を立てて・・・・・・!
FX0A0765.jpg

あわてて前の雑木の中へ飛び込んでしまった。



*昨年の11月にもこの近辺でヤツガシラに会っている。Mさんの指摘でその時のヤツガシラと今回のヤツガシラの
 背中の文様を見比べてみた。


昨年の11月に撮影したもの
FX0A0799_20160118163209843.jpg

今回撮影したもの
FX0A0618.jpg
昨年より少し薄汚れてはいるが、ほとんど同様の文様に見える。
もしかしたら同一個体、・・・と言う事は、此処でもしくはこの近辺で越冬していることになる・・・・・・・・。
考えて見れば、この鳥が、今時渡りをするはずがない・・・・・・・とも思う。
 
以後、時折この場所にきて、しばらく様子を見ることにしよう。

平成28年1月16日撮影

category: ヤツガシラ

TB: 0    CM: 0   

干潟・新田にて 

久しぶりの陽気に誘われ・・・・・これまた久しぶりに奥さんと近所の干潟・新田に寄ってみた。
車で流している時・・・・道路際を何かが飛んで、田んぼの稲の切り株の中に下りた。
FX0A0032_2016011723085753d.jpg

双眼鏡を手に探してみると、タシギが切り株の中でジーッとしている。
こちらを見てるが固まって動かない。
FX0A0038.jpg

諦めて隣の田に目をやると、タヒバリがしきりに餌を啄ばんでいた。
FX0A0051_20160117230854d21.jpg

干潟では、ツクシガモが海面に浮いて寝ている。すぐ側にクロツラヘラサギが2羽、羽繕いをしていた。
FX0A0054_20160117230853199.jpg

私たちの前をイソヒヨドリのメスが飛んだ。逆光を避けて撮ろうと前に廻り込むが、さらに先へ飛ぶ、
何回か挑戦したが、どうしても先へ飛ぶ、仕方なく逆光で撮影した。
FX0A0063.jpg

灌漑用水路にハシヒロガモのオスがいた。なぜか一羽で泳ぎ廻っている。
FX0A0090.jpg

新田の中道を車で流していると・・・・・突然、隣の奥さんが・・・・双眼鏡を覗きながら「ヤツガシラがいる」
と大声を出した。

この寒い1月の今の季節に何を馬鹿な・・・・と思いつつ、どれどれと双眼鏡を覗くと、
エーッ・・・・・・まさしくヤツガシラだ。脇道をトコトコ歩いている。
FX0A0180.jpg

冠羽を広げた・・・・・・・・。
FX0A0189_20160117230915e52.jpg

少し遠めだが、この日は400mm/5.6のレンズしか持っていない・・・三脚もない・・・
取り合えずは、車の窓からの撮影である。

以後・・・・続く・・・。

平成28年1月16日撮影

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

オジロビタキの亜種 

前項からの続き・・・・。

オジロビタキです。
去年からこの公園に長逗留しているメスのオジロビタキです。(ニシオジロビタキとも言われている)
FX0A0260_20160114211634a85.jpg

全長12cm位でスズメより小さい
見られる時期 は、冬鳥として10月から4月頃まで、 毎年のように全国で記録が有るが数は少ない。  
生息場所としては、公園の比較的明るい林縁で観察されることが多く、 よく地上に降りて餌となる昆虫や蜘蛛など
を探している。  
特徴はオスの成鳥の冬羽は喉がオレンジ色だが、これはメスや若鳥には見られない。
公園で越冬する個体はメスか若鳥蛾ほとんどで喉がオレンジ色の成鳥は稀である。
幼鳥は雨覆いの先端の白い斑がラインになって見えるが、性別の識別はこの時期難しい。
尾を上げると白い下尾筒がよく目立つ。   野鳥図鑑より参照

公園に着いてしばらくは見つからなかった・・・・・・。
他の小鳥を撮っていると、後方でビイジジジ・・・・と小さな泣き声がした。
振り向くと、看板の上に小さな鳥が・・・・。
尾をひくっと立てて止まっている。これがオジロビタキだった。
FX0A0026.jpg

このオジロビタキ・・・一時もじっとしていない。小枝や地面やあちらこちらを飛び廻る・・・。
FX0A0140.jpg

が・・・範囲はだいたい一定しているようだ。いったん見失っても、すぐ戻ってくる。
FX0A0175.jpg

特徴的には、嘴が橙色に見えるので、皆さんが言うところの亜種ニシオジロビタキということになるのだろうが・・・・・。
FX0A0185.jpg

フイールドガイド日本の野鳥には、オジロビタキまでしか分類が載っていない。
亜種まで分類していないので判別が詳しく判らない、だからここは敢えてオジロビタキとしておく。
FX0A0188.jpg

それにしても、愛くるしい小鳥である。
FX0A0190.jpg

FX0A0194_201601142117052bf.jpg

FX0A0240.jpg

500mm/4×EOS7DmⅡ
平成28年1月10日撮影

category: ビタキ類

TB: 0    CM: 0   

福岡市の公園にて 

鹿児島に行くと言う鳥友と別れ、宮崎を早めに出て福岡の公園に寄った。

公園の中にある神社の手洗い場に水を求めて小鳥がやってくる・・・・。
その中に珍しい小鳥がいるというので行ってみた。

現地に着いて、カメラのセットする間もなく出てきたのが、メジロとシジュウカラ、それにヤマガラ等の小鳥だった。

ヤマガラの仕草があまりにも可愛かったので撮ってみた。
ツツピー、ツツピーと鳴いている。
FX0A0012.jpg

FX0A0015.jpg

その後、メジロに混じって出てきたのがルリビタキのメスです。
FX0A0060.jpg

FX0A0054.jpg

メスがいるのなら・・・・・もしやと思いレンズを向けていると・・・・。
出てきました・・・青い鳥が・・・・今年二度目の出会いだ。
ルリビタキのオス。
FX0A0117_201601142056007c0.jpg

やはり水を飲みにきたようだ。
FX0A0100.jpg

うがいをするような仕草で飲んでいる。
FX0A0114.jpg

そのアップ。
FX0A0112.jpg

が・・・・この日の本命は・・・・この青い鳥ではなく、

珍しい・・・この小鳥なのだ・・・・。
FX0A0260_20160114211702f13.jpg

以後・・・続く・・・・。
平成28年1月10日撮影

category: ビタキ類

TB: 0    CM: 0   

宮崎にて・No③ 喧嘩 

すぐ近くの水面が、急にに何やら騒がしい・・・・・。
バシャバシャと水音を立て、大きな声を発してアオサギ2羽が喧嘩をしだした。

やおら一羽が、相手の肩に足をかけると思い切り蹴って水中に沈めた・・・。
FX0A0875.jpg

沈められた方も必死で相手の体を嘴で突いている。
FX0A0876.jpg

突かれた方もそれをさせじと・・・体をねじってさらに踏みつける。
カワウが・・・寄ってきて頻りに声を上げる。(下のアオサギに頑張れとでも言っているようだ)
FX0A0877.jpg

上のアオサギは、平然と相手を踏みつけて離さない。
FX0A0878.jpg

下のアオサギが、苦し紛れに勢いよく相手の腰をめがけて嘴を突き上げた。
FX0A0879.jpg

余程突き上げが強かったのか、上のアオサギがたまらず足を放し飛んだ・・・・。
下のアオサギも解放され飛んだ・・・・・。
FX0A0880.jpg

以上、いつもおっとりしてるように見えるアオサギの気性の激しい一面を見た瞬間でした。
平成28年1月10日撮影

category: サギ

TB: 0    CM: 0   

宮崎にて・No②  チュウヒ 

対面の岸辺を、大陸型チュウヒが飛んだ・・・・・・・。
FX0A0386.jpg

ゆっくりと葦原をならすように飛んでいる。
FX0A0409.jpg

何やらこちらが気になるのか・・・ちらちら目線を送ってくる。
FX0A0412.jpg

FX0A0466.jpg

FX0A0586.jpg

FX0A0601.jpg

FX0A0691.jpg

FX0A0708.jpg

獲物を探しているのだろうが・・・・・しばらく飛び続け・・・ふわりと葦原に沈んだ。
平成28年1月10日撮影

category: 猛禽/チュウヒ

TB: 0    CM: 0   

宮崎にて・No① 

愛知県の鳥友のW氏からカラフトワシの場所を教えてほしいとの連絡があり、案内することになった。
大分のフェリーの発着場で落合い、宮崎に向かった。3時間ほどで現地に着いたが・・・・・・・・。
昨年は、大変にぎわっていた場所に、だあれもいない???。
確かに11月ごろ再び姿を現したと聞いたのだが・・・・。
色々、知り合いに電話を入れて聞くが・・・要は、現地に居るにはいるが、場所が定かでない・・・・との事だ。
結局2日間粘ってみたが・・・・。
漸くとれた写真が・・・・・・
地元のK氏に教えてもらって、河の中州で撮った証拠写真程度のこの2枚のみだった。
FX0A0883.jpg

後は、飛んで雲隠れ・・・・・全く現れず。
IMG_0214.jpg

仕方ないので・・・池に浮かぶツクシガモ・・・・。
FX0A0189.jpg

他の地域では珍しい部類に入るが、九州の冬では、どこでも見られるカモである。
FX0A0299.jpg

FX0A0309.jpg

FX0A0312_20160111223813de3.jpg

トモエガモが1羽、ほかのカモに混じって浮かんでいた。
FX0A0208.jpg

FX0A0210_201601112239236f1.jpg

枯れ木でカモを見つめるオオタカ、餌を物色中か?
FX0A0084.jpg

2時間ほどじーっと止まっていたが、諦めたのか・・・後方へ飛んだ
FX0A0095_20160111223921dae.jpg

珍しく・・・・クロツラヘラサギの群れからちょっと離れてヘラサギが1羽
FX0A0511.jpg

クロツラよりちょっと大きめ
FX0A0535.jpg

九州では、クロツラヘラサギよりヘラサギの方が珍しい。
FX0A0541.jpg

FX0A0548.jpg

平成28年1月10日撮影

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

鳥・撮り初め 

撮り始めは、青い鳥を探して八幡の公園へ行くことにした。(いつもの門司のお山には、まだ出ていないようだ)
いつも一緒の奥さんの同道はない。今後しばらくは、一人遊びだ・・・・・・。

途中、面白い風景に出会ったので撮ってみた。
カラスとトビとアオサギが、なにやら3鳥会談をやっているようだ・・・・・。
仕切っているのがカラスのように見える・・・・・どこに行っても我が物顔のカラスである。
IMG_5203.jpg

公園で最初に出会ったのがシロハラだった。
FX0A0047.jpg

ハゼの実をつついている。
IMG_0929_1.jpg

次がホオジロ
FX0A0088.jpg

そしてモズ
FX0A0032.jpg

さらにアオジ
FX0A0023.jpg

ソウシチョウが集団で飛び回っていたが・・・あえて撮らなかった。(最近はどこに行ってもいる)

すぐ側に、ルリビタキのメスが出てきた。こちらが本命である。
IMG_0880.jpg

これが出ると、必ず青いのもいるはずと・・・・・谷の近くで待ってみた。
IMG_0895.jpg

しばらくすると出てきた・・・・。青いオスのルリビタキである。
IMG_0906.jpg

一年に一度・・・、冬には必ず会いたい鳥である。
IMG_0929.jpg

だがサービスがあまり良くない・・・すぐに姿を消してしまった。
IMG_1031.jpg

でも・・・一度会えれば満足である。

キクイタダキにも会いたかったが、所用があり、次回という事にして早々に引き上げた。
平成28年1月4日撮影

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

新年のご挨拶 

P1000237_20160101001851d3c.jpg

つたない写真ですが、いつもご覧くださいまして誠にありがとうございます。
本年も夫婦仲良く、趣味の鳥撮りを楽しみ、随時掲載してまいりたいと思っております。
宜しかったら、本年もお付き合いくださいなすようよろしくお願いいたします。

(又暮れの紅白は観なかった。ここ5~6年ほど見ていない。裏の2局のボクシング観戦で新年を迎えた。
 それにしてもチャンピオンの井岡や内山は強かった・・・・。)

category: 年賀

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード