FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

寄り道 

オシドリを取った後、寄り道をして帰ることにしました。

山口の池で撮ったカンムリカイツブリ
FX0A0233.jpg

FX0A0132.jpg

ホシハジロ
FX0A0382.jpg

キンクロハジロ、なぜかジーッと上を睨んでいました。
FX0A0400.jpg

クロツラヘラシギ、なぜか1羽だけでした。
FX0A0201.jpg

FX0A0204.jpg

ハイチュウを観にランドへよってみました。
葉が真っ赤なはぜの木に止まっていました。メスです。
FX0A0486.jpg

いよいよ、ハイチュウの季節がやってきました。
FX0A0515_20151215204846e2e.jpg

FX0A0516.jpg

オスは真っ暗になって帰ってきたようで、残念ながら撮影できませんでした。

平成27年12月6日撮影
スポンサーサイト



category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

今川にて 

ウミアイサを求めて今川まで行って来ました。
渡ってきたカモ類に混じって4~5羽ほど確認できました。
結構、潜水を繰り返し活発に動き回っていましたが、
なかなか岸の近くを泳いでくれません。

ウミアイサのオス
FX0A0039.jpg
カモ目/カモ科 大きさ : 55cm
ウミアイサ(海秋沙)はボサボサの冠羽をもち、海でくらす大形のアイサ。内湾のような波の静かな海域で群れることが多い。
越冬地でツガイになる。オスは首を斜めに突き出して、冠羽を立てるなどのディスプレイを行う。(野鳥辞典参照)

FX0A0013.jpg

ウミアイサのメス
FX0A0174.jpg

FX0A0078.jpg

撮影している最中、近くでバシャンと大きな水音がしました。
さらにバシャバシャと水しぶきがした後、ミサゴが大きな魚を鷲掴みにし飛びたちました。
FX0A0113_201512152102233d3.jpg

両足で持ち直すとそのまま飛んでゆきました。
FX0A0121.jpg

さらに近くの上空を飛んでいたミサゴが、クルリと宙を舞ったかと思うと、一直線に水面に向かって
飛び込みました。
しばらくバシャバシャ、と水しぶきを上げていましたが、やがて魚を掴まえて浮きあがってきました。
(奥さんが連続撮影)
IMG_5175.jpg

しかしなかなか飛び上がれません。魚が結構身をよじって跳ねています。
IMG_5178.jpg

何度か浮き沈みした後、やっと水面を離れました。
IMG_5180.jpg

それでも掴まえている魚が大きく重いのか、なかなか体が空中に浮き上がれません。
必死の様子で羽をばたつかせています。
IMG_5184.jpg

やっとのことで4~5mほど浮き上がりました。
IMG_5187.jpg

徐々に舞い上がりながら一旦こちらの方へ向かって飛んできましたが・・・。
FX0A0153_20151215210247e70.jpg

向きを変えて飛び去ってゆきました。
(横から見ると結構大きな魚です。なかなか飛びあがれなかったのも無理ありません)
FX0A0160.jpg

ミサゴの足の爪は大きく湾曲しており、一旦獲物を掴むと外れないそうです。
大きな魚を掴まえてしまって逆に水中に引っ張り込まれ水死することもあると聞いています。
奥さん写しながら、そうなりはしないかと心配したそうです。

平成27年12月13日撮影

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

オシドリ 

オシドリを撮りに宇部の小野湖へ行って来ました。
FX0A0005.jpg

紅葉があまりにもきれいだったので撮ってみました。(レンズが長尺しかなかった為入りきれませんでした)
FX0A0004.jpg

FX0A0002_20151207211703137.jpg

入江の隅で群れていました。
崖上10m程の側道からの撮影です。しかも車内からです。
(これぐらいの距離だと人の姿を見るとすぐに飛んでしまいます)
FX0A0024_20151207211700689.jpg

地味なのがメスです。
FX0A0181.jpg

全長 48cm。 頭は横からはさんだように扁平で、派手な冠羽など美しい色彩の羽毛を持つオスは、
色彩の地味なメスと一緒にツガイでいることが多く、オシドリ夫婦の名の由来となっています。
全国に分布、繁殖します。
森林に囲まれた山の湖や池、木の陰の水面を好むので、あまり他のカモとなじまず、
オシドリだけの群れをつくります。
他のカモとちがい、木の洞(ほら)に巣を造ります。
オシドリは、一般的には漂鳥ですが、冬になると海外から渡来してくることも確認されています。・・・野鳥辞典より
FX0A0118.jpg

2対1です。2羽のオスが1羽のメスに徐々に寄っていきます。(奥さん撮影)
IMG_5154.jpg

・・・と思ったら・・・突然オス同志が追いかけっこを始めました・・・・・?(奥さん撮影)
FX0A0055.jpg

こちらも2対1ですが1羽のオスが2羽のメスに言い寄っているようです。
IMG_5151.jpg

こちらは、どうやらカップル成立のようです。
FX0A0203.jpg

小野湖では、毎年11月頃から翌年の3月頃まで、湖のいたるところで、オシドリの群れを見ることができます。
50m以上が安全距離の様で、近づきすぎるとすぐに飛んでしまいます。

平成27年12月6日撮影

category: オシドリ

TB: 0    CM: 0   

ミヤコドリ 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

category: ミヤコドリ

TB: --    CM: --    

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード