FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

鷹の渡り、風師山その⑤ 

2週間ぶりに風師山に行ってみた。とりあえず岩場まで登ってみることにした。
だが山頂の風頭岩場は、鳥見客と登山客で足の踏み場もないほど賑わっていた。
一旦は撮影機材をセットしたものの、どうもこういう人混みの雰囲気は苦手なので、
岩場での撮影を断念し、中腹で撮る事にした。

ポツリポツリと飛んではくるものの渡りの鷹も一変し、ハイタカが主流となっている。
(写真のできは、あまりよくないが,何点か撮りましたので貼り付けました)
FX0A0002_201510202151254a7.jpg

FX0A0024.jpg

お昼近くから青空が広がり、鷹もはるか上空を飛んでゆきます。
FX0A0210.jpg

東から来たり西から来たりですこぶるランダムに飛んできます。
FX0A0070.jpg

FX0A0223.jpg

FX0A0236.jpg

珍しくハチクマの雌の成鳥が頭上を飛んだ。
FX0A0151.jpg

ノスリも何羽か飛んだ。
FX0A0172.jpg

待ち時間の間に奥さんが撮ったサメビタキ
IMG_4990_1.jpg

IMG_5005_1.jpg

山頂では、チゴやツミも飛んだそうだが、残念ながら下からは捉えられなかった。

平成27年10月18日撮影
スポンサーサイト



category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

久しぶりのカワセミ撮影 

曽根干潟へ行ってみたが、干潟はカラスとシラサギ以外は何もいなかった。
FX0A0009.jpg

仕方なくぼんやりと用水路を覗いているとチーと小さな泣き声とともにカワセミが現れた。
若鳥のようだ。
FX0A0028.jpg

しばらくしてもう一羽現れた
今度は、雌の成鳥だ。
FX0A0068.jpg

FX0A0091.jpg

若鳥が、雌のすぐ近くに飛んできた。
しばらく、この位置でじっとしていたが
FX0A0107.jpg

若鳥が飛んだが、すぐ戻ってきた。
FX0A0113.jpg

今度は雌が飛んだが、これもすぐに戻ってきた
FX0A0116.jpg

少し離れてしばらく向かい合っていたが・・・
FX0A0095.jpg

雌が飛ぶと、今度は追いかけるように若鳥が飛んだ。
後に残ったのは亀一匹
FX0A0141.jpg

ここの水路で見たのは初めてである。久しぶりのカワセミ撮影となった。
EOS7DMⅡ  400mm/F5.6 手持ち撮影

平成27年10月17日撮影

category: カワセミ

TB: 0    CM: 0   

クロサギ 

午後3時ぐらいの事である。
車で海岸沿いを走っていると、眼下の岩場にクロサギを見つけた。
頻りに餌を物色している様子。
FX0A0414.jpg

400mm/F5.6を持って、岩場に降りて行き、ゆっくりと近づいていくが、
FX0A0418.jpg

こちらに全く気が付かない様である。
FX0A0493.jpg
20m位近づいたところで、岩場に腰を下ろしてシャッターを切っていると、
餌を漁りながら、むこうからどんどんこちらに近づいてくる。
FX0A0521.jpg

餌取りに夢中なようだ・・・・。
FX0A0582.jpg

とうとう7~8mの距離まできた。こちらはシャッターを切りながらファインダー越しの観察である。
FX0A0587.jpg

しばらく餌を啄ばんでいたが、何となくこちらの気配に気が付いたようだ。
FX0A0537_1_1.jpg

こちらに目を合わさづに・・・・ゆっくり遠ざかっていく。
FX0A0623.jpg

何気ない様にゆっくり遠ざかっていたが、14~5m位離れた処で・・・・一旦立ち止まった・・・・
FX0A0653.jpg

再び歩きだした・・・と思ったら・・・大きく翼を広げ・・・・
ふわりと飛んだ・・・・・。
FX0A0668.jpg

それでも長くは飛ばず、すぐ近くの岩陰に降りたようだが・・・こちらからは全く見えなくなった。
FX0A0689.jpg

いかにも無警戒で鷹揚なクロサギである。
もしかしたら若鳥かもしれないが・・・・私には判別できない。

それにしても九州に帰ってからは、このクロサギを良く目にする。
北陸時代は、何度か探し回ったが、結局会えずにがっかりした記憶がある。
珍鳥も場所によって変わる・・・とは此の事だ。
(世間ではクロサギを珍鳥とまでは言わないだろうが・・・・あくまで私的な感想である)

車に戻る途中イソシギを見つけた。
FX0A0717.jpg

秋の日差しの中、この子も岩の上を行ったり来たりして餌探しに夢中の様だ。
FX0A0704.jpg

平成27年10月11日撮影

category: サギ

TB: 0    CM: 0   

秋の公園 

山口の自然観察公園に珍しいアカハジロが来ていると聞いたので出かけていった・・・・・が、
アカ・・・・というよりもメジロガモの様でもある。
FX0A0083.jpg

・・・どちらにせよ珍しいカモには違いないのだが・・・結局よく判らない?。
FX0A0110.jpg

カイツブリの後ろに・・・・。
FX0A0117.jpg

カイツブリの幼鳥が泳いでいた。
FX0A0122.jpg

帰りの途中の用水路に黒いものがチョコチョコ走り廻っていた。
その中心にいたのがこの子・・・・バンの若・・・だと思うのだが?
FX0A0146.jpg

チョコチョコ走り廻っていたのがこの子・・・・バンの幼鳥
FX0A0163.jpg

少し大きめの幼鳥
FX0A0169_20151012194609f77.jpg

バンの幼鳥は・・・結局5羽ほどいた。それにしてもよく動く、元気がいい!
FX0A0194.jpg

公園で撮ったノビタキの雄、この鳥のこの色を見るとまさに秋である。
FX0A0225.jpg

ノビタキの雌
FX0A0027.jpg

FX0A0254.jpg

ススキの穂にノビタキ・・・・ではなく、止まっていたのはホオジロの雌だった。
FX0A0127.jpg

カワラヒワの雄、なぜか一羽だけ
FX0A0211.jpg

枯れ木の天辺にサメビタキ
FX0A0002.jpg

コサメビタキ
FX0A0051.jpg

カモの話題が出始めると、まさに秋本番・・・と言った感がある。

平成27年10月10日撮影

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

鷹の渡り、風師山その④ 

久しぶりに山に登った
そろそろハチクマの渡りも終盤に入ったようで、数が少なく幼鳥が目立つようになってきた。

海峡を飛ぶノスリ。(600mm・F4にて撮影)
FX0A0037.jpg

FX0A0040.jpg

こちらはハヤブサ
FX0A0046.jpg

サシバ雄成長
FX0A0120.jpg

ハチクマ暗色型幼鳥
FX0A0169.jpg

ハチクマ中間型雌成長
FX0A0229.jpg

ハチクマ暗色型雌成長
FX0A0285.jpg

ハチクマ中間型幼鳥
FX0A0353.jpg

ハチクマ淡色型雄成長
FX0A2386.jpg

コシアカツバメ
FX0A2534.jpg

FX0A2526_20151006175015a06.jpg

ハチクマ暗色型幼鳥(奥さん400mm・F5.6手持ちにて撮影)
IMG_4878_1.jpg

カラスに追われるハイタカ (奥さん400mm・F5.6手持ちにて撮影)
IMG_4953_1.jpg

カラスを追うハイタカ (奥さん400mm・F5.6手持ちにて撮影)
IMG_4944_1.jpg

福岡県警のボート
FX0A0126_20151005204024200.jpg

なぜか後追うボートが沖縄県警と書いてある。
FX0A0128.jpg

天気はいいのだが、なかなか飛んでくれない。
昨日は近くをよく飛んでくれた・・・・・と二度も三度も聞くと、
どうやら私たちは、鷹見に来る日にちの巡り合わせがよくないようだ。

それにしても、来ている周りの皆さんはすごい、遠くに飛ぶ鳥を見て、ハチクマだ、サシバだ、ハイタカだ、
雄だ、雌だ、幼鳥だ・・・・・・と言い当てる。 
8倍の倍率を使っている私には、どう見ても黒い点にしか見えない様な時にでも・・・・だ。
皆さんの双眼鏡の倍率が高いのか・・・・? 
いやいやそれだけではないだろう。
やはり、経験から特徴の識別に長けているのだろう・・・・・と思わざるを得ない。
さて、自分は何時になったら・・・・・と思うと・・・・・情けない。

平成27年10月4日撮影

category: 鷹の渡り

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード