FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

アカガシラサギ 

冬羽のアカガシラサギ
IMG_9027_1.jpg

2~3か月前からここの葦原に居るとの事。
IMG_8994_1.jpg

この鳥の後ろ姿です。魚をくわえて飛んでいきました。
IMG_9111_1_20141121223616484.jpg

夏羽はこんなふうに替わります。アカガシラと言われる所以です。(金沢の普正寺の森にて撮影)
IMG_0710_1A.jpg

夏まで居てくれるとこういう姿が見れるんでしょうけど、どうでしょうかね。
平成26年11月16日撮影
スポンサーサイト



category: サギ

TB: 0    CM: 0   

里の秋 

紅葉の秋 本番
010_201411241422144e8.jpg

021_20141124142213c88.jpg

027_20141124142212f52.jpg

060_201411241422115c8.jpg

063_20141124142210027.jpg

072_201411241422080fb.jpg

105.jpg

108.jpg

平成26年11月22日・23日 大分県にて撮影

category: その他

TB: 0    CM: 0   

はて? 

これは何鳥?
IMG_9111_1_20141121223616484.jpg

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

水路の芦原で No3 

此処でちょっと小休止

奥さんが,車の中から撮影していた、カイツブリをアップ(400mm×5.6)
IMG_9231_1.jpg

結構大きな魚を咥えて浮いてきました
IMG_9237_1.jpg

そのまま飲み込もうとしますが
IMG_9240_1.jpg

大き過ぎたのか飲み込めません
IMG_9241_1.jpg

それに重たいのか一旦水に戻しますが・・・
IMG_9245_1.jpg

再び咥えて
IMG_9247_1.jpg

再度飲み込もうとしますが・・・・
IMG_9253_1.jpg

やっぱり駄目です。重いのか再度水中に戻します。
IMG_9254_1.jpg

それでも三度の挑戦
IMG_9257_1.jpg

やっぱり飲み込めません。無理でした。
IMG_9262_1.jpg

魚から「いい加減にしろ」…と言われたかどうかはわかりませんが、
ついに諦めた様で、水中に放しました。
(咥えているのもしんどかったようです)
IMG_9263_1.jpg

よっぽど悔しかったのか、羽根を振るわせ、けたたましいく鳴いていたそうです。
IMG_9361_1.jpg

カイツブリの様子があまりにもおかしかったので
ずーっと撮影していたそうです。・・・奥さん談

平成26年11月16日撮影

category: カイツブリ

TB: 0    CM: 0   

水路の葦原で NO2 

・・・と言う事で、さっそく車の中に・・・・・・。
車の中で、カイツブリを撮影していた奥さんが、「如何したの」と聞くので
「サンカノゴイがいるらしい」と言うと、「サンカ・・・それ何?」
「ゴイと言うからにはゴイサギみたいな鳥だが、めったにお目にかかれない鳥だよ」
「それが此処にいるの」「ああ、さっきの軽自動車のおばさんがそう言ってた」
「じゃあ、それ撮ろう」「まあ、車の中で待ってみようか」
それから小一時間ほど待ったが、何も現れず。
先ほどから、ツリスガラや飛び回るジョウビタキを撮っていた(私の車からはそう見えた)、
前の車からレンズが引込められた。帰るようだ。
撮れたのかな、こちらからは全く出た様子はなかったが、それとも諦めたのかな、
「お先に」と手を振って帰って行かれた。
「さっきの車のいた場所が、ポイントじゃない、あそこ移動しよう」と、奥さんに促され
移動して待機、なるほど、いかにも出てきそうな場所が眼下に
だが20分ほど待ったが全く変化なし。相変わらず川面をカイツブリが行ったり来たりしている。
しかたなく双眼鏡で、葦原の中を丹念に覗いてみた。「ん!」
真正面の葦原の中で、何かが動いた。目を凝らすが、解らない。
確かに何か動いたみたいだが・・・・・いや、何かいる。ハッキリとはしないが中に何かいる・・・様だ。
IMG_9376_1.jpg
頭がヌウっと持ち上がったように見えた。
もしかしたら・・・・・・。
「どこどこ」と奥さんが言うが、教えてもなかなか判らない。葦に溶け込んでいる。
カメラで写そうとするが、焦点が合わない、合わそうとしている間に又場所が判らなくなる。
忍者のような鳥だと聞いてはいたが、葉隠の術が得意な様だ。
葦原から出てきてくれるのを待つしかない。
多分これがサンカノゴイだろう・・・と、思いつつ、さらに待つことに。
日はだんだん暮れてくる。

category: サンカノゴイ

TB: 0    CM: 0   

水路の葦原で No 1 

ムギマキを目当てに出かけた。
カラスザンショウの下で2時間待ったが現れず。仕方なく目的を変更。

水路の中にある葦原でツリスガラに遭遇
ガマの穂を突くツリスガラ
IMG_9184_1.jpg

IMG_9098_1.jpg

冬鳥として10月から4月におもに九州地方に渡来するが目にする機会は少ない。
全長約11cm。小型の鳥である。雄の頭部は灰色で顔は白く、嘴から目元を通過する黒い線(過眼線)が目立つ。
背中は赤褐色である。雌は頭部や過眼線がやや褐色がかる。平地の芦原等に生息  
小さな群で行動しメジロのようにチィーと小さな声で鳴く。
オオジュリン等とともに主に葦に寄生しているカイガラムシやアブラムシなどを餌にしたり、ガマの穂も食す。
との事
IMG_9100_1.jpg

IMG_9183_1.jpg

IMG_9218_1.jpg

車から降りて、モズに追われたツリスガラが現われるを待っていると、近づいてきた軽自動車の中からおばさんが、
「サンカノゴイを撮るんですか」
と聞いてきた。「サンカノゴイですか?」と思わず聞いた。
「サンカノゴイは敏感で、人が通っても隠れるんで、車から出ていてはなかなか撮れませんよ、
車の中で待機してたほうがいいですよ」
「あっ、そうなんですか、此処にいるんですか」とかえすと「もう、そろそろ餌を求めて出てくる頃ですよ」
と教えてくれた。
おばさんも撮るのかな、と思っていたら、さっさと行ってしまった。
(おばさんと書いてしまったが、もしかしたら私より若いのかも・・・・?)
此処にサンカノゴイがいるなんて全く知らなかった。そういえば前方に止まっている車、中からレンズを構えている。
ツリスガラを撮ってるとばかり思っていたが、サンカノゴイが目的なんだ、
車の中の人も一言言ってくれればよかったのに。
撮影の邪魔をしていたみたいだ。

平成26年11月16日撮影

category: ツリスガラ

TB: 0    CM: 0   

阿蘇カントリー空港 

野鳥とは全く関係ありませんがー。

阿蘇カントリー空港
セスナ機 
IMG_9109_1a.jpg

コックピット
IMG_9110_1.jpg

座席
IMG_9111_1.jpg

エンジンスタート
IMG_9149_1a.jpg

滑走路へ
IMG_9151_1.jpg

離陸準備完了
IMG_9154_1.jpg

一機帰ってきました
IMG_9144_1a.jpg

ターンして着陸態勢へ
IMG_9146_1a.jpg

IMG_9148_1.jpg

無事着陸して
IMG_9139_1p.jpg

止まりました
IMG_9125_1.jpg

パイロットは?  リカちゃん??
IMG_9123_1.jpg

平成26年11月9日撮影
-- 続きを読む --

category: その他

TB: 0    CM: 0   

ヘラサギ 

朝晩がしっかり冷え込むようになりました。
早いもので、もう11月、九州にも冬は駆け足でやってきています。

近くの溜め池に冬の使者が・・・・・。
ヘラサギ
IMG_8937_1.jpg

ヘラサギとクロツラヘラサギ
IMG_8805_1.jpg

ヘラサギとクロツラヘラサギ2羽づつ
IMG_8792_1.jpg

混在
IMG_8854_1.jpg

平成26年11月2日撮影

category: サギ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード