FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

天鷹く 

週末の土日、またもや風師山に行ってきました。
土曜日の、この日の予報は、晴れ時々曇り、風は北風微風との事

10時ごろ中腹に着くとすでにOさん、Sさん、Nさんがスタンバイしていました。
聞くとやはり風が弱く出はよくないとの事だった。

だが、ついてしばらくすると遠くにハチクマの姿が・・・・スーッと上空を流れてきます。
A17R0284_1.jpg

頭上高くゆっくり旋回し右方向に流れてゆきました。
中間色雄成鳥
A17R0288_1.jpg

ノスリがカラスに追われながら
A17R0043_1.jpg

前方上空を横切ってゆきました。
A17R0044_1.jpg

誰かの「ツミ」との声で指さす方向を確認すると、はるか上空をあっという間に流れてゆきました。
それもホンの一瞬でした。
A17R0144_1.jpg

その後単発でしたが、ハチクマが現れました。
A17R0158_1.jpg

お昼過ぎ頃、目の前の上空に4~5羽ほど飛来、舞いながらはるか上空へと昇ってゆきました。
中間色雄成鳥
A17R0193_1.jpg

決して多くはありませんが、ポツポツと現れてくれました。
黒色型雄成鳥
A17R0196_1.jpg

A17R0205_1.jpg
中間色雄成鳥
A17R0320_1.jpg

A17R0337_1.jpg

翌、日曜日は、朝方、はるか彼方の山頂に7~8羽程浮かび、円を描きながら上空へ
そして周防灘方面へ流れてゆきました。

その後2~3羽のハチクマが現れたほかは、
黒色型雌成鳥
IMG_8707_1.jpg

A17R0010_1.jpg

淡色型雌成鳥
A17R0056_1.jpg

ノスリが舞っただけで、夕方まで空は静かでした。
此処でのハチクマの渡りも、そろそろ終りかも知れない・・・・・と誰かが呟いていた。
奥さん撮影(500mm)
A17R0027_1.jpg

A17R0046_1.jpg

A17R0047_1.jpg

IMG_8751_1.jpg

それでも、地上では世間話や鳥談義に花が咲き、それはそれなりの楽しい一日でした。

Oさん、Sさん、Nさん、Yさん、それにN仙人さん、その他の皆さん・・・お疲れさんでした。
平成26年9月27・28日撮影
スポンサーサイト



category: 鷹の渡り

TB: 0    CM: 0   

風師山 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

category: 鷹の渡り

TB: --    CM: --    

烏帽子岳 

週末 3時間かけて佐世保の烏帽子岳に行った。
IMG_8673_1.jpg

展望所の駐車場についたのが夕刻、此処で一泊し、明日アカハラダカの渡りを見るのが目的である。
(渡りのピークはすぎているそうだ)
017.jpg

アカハラダカの渡りルートの解説看板
中国や朝鮮半島で繁殖したアカハラダカが、対馬を経由しこの烏帽子岳上空を飛び、はるか南方のフイリピン方面へ
越冬のために移動するそうだ。
022.jpg

明朝、早起きをしてスタンバイしたが、早朝は、ほとんど飛ばなかった。
奥さんは駐車場にとどまったが、私は70mほど上った処の山頂で見ることにした。
ようやく9時ごろから、ちらほらと飛行がみられるようになった。
IMG_4000_1.jpg

だが、風向きが悪いのかかなり遠くを、しかも低く飛んでいる。
山頂付近では、ほとんど近くを飛んではくれなかった。
IMG_3993_1.jpg

下でスタンバイしていた奥さんによると、結構近くを飛んでくれたそうだ。(奥さん撮影)
IMG_3924_1.jpg
(奥さん撮影)
IMG_4050_1.jpg
(奥さん撮影)
IMG_4067_1.jpg

11時ごろには、タカ柱が立った、が残念ながらあまりにも遠方で画にならかった。
IMG_3900_1.jpg

地元の人の解説では、北風が吹くとこの烏帽子岳に向かって飛んでくるそうだが、今日は東の風で、観察条件は
あまり良くないとの事、それでもこの日は3、500羽近く飛んだそうだ
(もっともほとんどが、はるかかなたの山の稜線上の飛行である)

平成26年9月21日撮影

category: 鷹の渡り

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード