FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

 

仕事中にも関わらず、奥方から電話があった。
朝方に、***さんから電話があったが、様子が変だと言う。
***さんは、会社の大先輩である。元々九州生まれの人ではあったが、兵庫県に家をかまえている。
70歳まで大阪本社に勤められ、辞められてから、かれこれ10年以上になるので80歳はとうに越えている。
管理畑の人で、気難しくてちょっと癖のある人だったが、同郷という事もあって私は大変可愛がって貰った。
病気がちであった奥さんが亡くなられたとのことだったので、2年程前に、大阪への所用のついでに、自宅に
寄らせてもらったことがある。その時は、一人住まいの寂しさや、多少気落ちはしていたものの、
いたって元気そうであった。2~3時間ほどではあったが、お互いの家族の事や、会社の近況等々昔話にも
花を咲かせ、思った以上にしっかりしていたので安堵し、又の再会を約束して帰途についたのだったが・・・・・。
奥方の話によると、「今日は仕事で会社に行っている」と伝えると「明日九州に帰るから家の電話番号を教えて
ほしい」と言ったそうだ。家の電話番号といっても今まさに電話してきているのにと思いながらも、
何か急用で帰られるんですかと聞いたら「女房が九州の病院に居るからその見舞いで行く」との返事だったそうだ。
折り返しすぐ電話させると言って切ったそうだ。
すぐ電話したのだが、言っていることが全くかみ合わないし、それにさっぱり要領を得ない。
声は元気そうなんだが、どうも様子が変だ。「この電話番号は君の家か?」と兵庫の自分の家の電話番号を頻りに
聞いてくる。それは「***さんの家の電話番号だ」と答えると「そうか・・・おかしいな、いや又電話する」と
言って切ってしまった。
心配になったので、彼の長男へ電話してみた。1週間位前から福岡の大学の知人等から様子がおかしいと電話が
何本かかかってきており、一昨日、一緒に病院に行ったとのこと、結果は二級程度の認知症とのことだったそうだ。
それにしても、あの人が、・・・・・・認知症になるなんて?・・・・と言う思いである。
年を取るとは、こういう事なんだ・・・・・とつくづく思う今日この頃である。

スポンサーサイト



category: その他

TB: 0    CM: 0   

初夏 

初夏の鳥

6~7月ごろになると、草むらではセッカやヨシキリの声が気忙しいぐらいに耳につく、
足を広げて止まるセッカ独特のスタイル
IMG_3531_1.jpg

セッカ
全長:12cm位でスズメより小さい、飛びながらヒッ、ヒッと鳴く。
ススキなどの草丈の高い草地にすむが、北日本のものは秋冬に暖地へ移動。尾はくさび型で、先が白い。
さえずりは、上昇しながら澄んだ声でヒッヒッと繰り返し、下降する時にチャッチャッと鳴くとの事
IMG_3598_1.jpg

オオヨシキリ
全長は18cm位でスズメより大きく、にぎやかにさえずる。
ヨシ原に飛来し、さえずりは、ギョシギョシ、ケケチケケチなど早口の大声で長く続ける。夜も鳴く。
IMG_3583_1.jpg

ホオアカ
全長は16cm位で、ほおが赤茶色で名前はここからきている。本州中部以北の草地や、
九州では山地の草地で繁殖する。西日本に多い。
秋冬は暖地に移動し、雌はオスよりやや地味で、冬羽は灰色味がなくなる。
さえずりは、ホオジロに似てやや濁って詰まった感じでチッ!チッ!と鳴く。
IMG_3564_1.jpg

IMG_8604_1.jpg

IMG_3572_1.jpg

ヒバリ
4~5月ごろ天高く舞い上がり上空でピーチュルピーチュルと鳴いているのが目につくが、春だけの鳥ではない。
よく観察すると、ほぼ年中みられる。
IMG_2955_1a.jpg

平成26年7月12日撮影

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

同僚の死 

昨日、長年職場を共にした同僚が死んだ。
私は営業畑だったが、彼は経理のスペシャリストだった。
年は私より2歳ほど若いが、アル中ではないかと思うほど兎に角酒の好きな男だった。
若い時分は、誘い誘われで、近くの居酒屋で上司の不満を肴によく酒を飲のんだものだ、
彼は、その後、本社に帰り、事情は定かではないが酒で失敗したことがあったようで、ある日突然酒を断った。

「今日から、又お世話になります」、再び、私の居る元の職場に戻ってきた。単身赴任だった。
私が禁煙を宣言し実行している折、笑いながら「一本どうぞ」とよく煙草を差し出してきた。
お返しに、宴席では、「一杯どうぞ」とやり返したものだ。だが、彼は一滴も酒を口にすることはなかった。
痩せているので一見、神経質そうには見えるが、いたって楽天家でもあった。
頼まれると「いや」と断れない性格を持っており、私も、経理以外の余分な仕事をよく頼んだもんだ。
彼はそれを苦にもなく引き受け、処理してくれた。頼りがいのある男でもあった。

その後、私は故郷に帰り、遠方でもあり、彼とは顔を合わす事もなくなったが、半年前に入院していると聞き、電話で話した折には、脳に小さな腫瘍がみつかりいろいろ検査をしているとのことだった。
「おかげでゆっくり休養が取れる」・・・と心配そうでもなくいつもと変わらぬ明るい口調だったのだが・・・・・。

今は、冥福を祈るのみ・・・・・・・。

「命の蝋燭の 炎の長さ 人はそれぞれ あんな若さで あいつもアン畜生も 先に勝手に逝きやがって
 あと何年 あと何年 あと何年だとしても・・・・・・」   (すぎもとまさとの銀座のトンビから)

*年をとるといろいろあるが・・・・こういう事が一番つらい・・・・。

平成26年7月10日

category: その他

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード