FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

チュウヒ 

ハイイロチュウヒ(雄)

山口県のハイチュウの塒に寄ってきました。
3時ごろ着いたんですが、カメラのセットをする暇もなく、上空をハイイロチュウヒの雄が飛んでゆきました。
明るいうちでのシャッターチャンスを逸してしまいました。当分帰ってきません。
仕方なく、カメラのセットだけはして、車中で待つことにしました。
午後5時を過ぎ、辺りが薄暗くなってから、やっと戻ってきました。
ISOを目一杯上げての撮影ですので、写りがよくありません。
(600mm×4で撮影)
IMG_1092_1.jpg

塒の周りをゆっくり飛んでいます。
IMG_6807_1.jpg

どこに降りようか迷っているみたいです。(奥さんが500mm×4で撮影)
IMG_6808_1.jpg

なかなか近づいてくれませんでしたが、一回だけ近くを飛んでくれました。
A17R0382_1.jpg

すごい速さですが、連写で何とか見れる範囲で撮れました。
A17R0387_1.jpg

どうも塒の位置は、決まっていないようです。聞いたところでは、昨日は岸壁近くの葦原へおりたそうです。
今日は真逆の道路沿いの葦原へ降りました。

平成26年1月19日撮影

-- 続きを読む --
スポンサーサイト



category: 猛禽/チュウヒ

TB: 0    CM: 2   

タシギ 

夕方飲み会があるので、遠出はできません。
近所を廻ってみました。
     (400mm×5.6 にて撮影)
稲刈り後の茎の間に隠れていました。
タシギ(正直シギの見分けは難しくてあまり自信がありません)だと思います。
A17R0297_1.jpg

長いくちばしを土中に差し込んでは餌をついばんでいました。
A17R0303_1.jpg
辞典では、
体長は27cm位、秋冬の水田や河川に飛来する。
枯れ草の中にいて見つけにくい。ジェッとしわがれ声で鳴いて飛び立ち、高く舞い上がる。
オオジシギを含めてよく似た種類があるが、次列風切羽の先が白いのが決め手になる・・・との事。
A17R0315_1.jpg

A17R0328_1.jpg

平成26年1月18日撮影

category: シギ・チドリ

TB: 0    CM: 0   

オオジュリン 

下関のおなじ場所で撮ったオオジュリン
(600mm×4にて撮影)
IMG_6546_1.jpg
全長:16cm
北海道や東北のヨシ原やその周辺で繁殖し、秋冬は本州以南のヨシ原に群れる。
チッと小声で鳴くが、澄んだ声でチーウィンと最初にアクセントのあるのばす声が特徴的。
IMG_6562_1.jpg

IMG_6568_1_1.jpg

IMG_6571_1.jpg

皆さんチフチャフに夢中で、あまり関心がないようでした。

平成26年1月13日撮影

category: ホオジロ類

TB: 0    CM: 0   

チフチャフ 

チフチャフ
 と言う可愛い名のついた小鳥 (600mm×4にて撮影)

現地に到着すると、すでに池の周りに10名くらいの人が、カメラ片手にスタンバイしていました。
聞くと、今しがたまで、すぐ近くを飛び廻っていたそうです。今日は出がいいそうです。
しばらく待機していると。誰かが「出た」と小さい声を上げました。指さす方向へ一斉にレンズが向きます。

双眼鏡を覗くと、溜め池に生えた葦や蒲の中を気忙しく飛び廻っている小さな小鳥が目に入りました。
体長12~3cm位の小鳥、これがチフチャフだそうです。
IMG_0384_1.jpg

メボソムシクイ科に属する、珍しい野鳥だそうです、ウグイスやムシクイは殆どが足の色が肌色や橙褐色系が多いそうですが、このチフチャフの足は細くて、黒いんです。嘴も黒いのが特徴だそうです。
IMG_0418_1.jpg

この小鳥の事を、発見者のMさんに教えていただきましたが、
   良く見つけたもんだと感心しました。 私だったらウグイスかムシクイで終わりです。
IMG_0445_1.jpg

ちなみにこの名前の由来は、泣き声だそうです。チフチャフと鳴くそうですが、私には聞こえませんでした。
IMG_6582_1.jpg

IMG_6625_1.jpg

初見初撮りです。Mさん夫妻に感謝です。
平成26年1月13日撮影

category: ムシクイ

TB: 0    CM: 0   

ツクシガモ(出水にて) 

出水にて(その1)

御池から出水へ廻りました。
マナ鶴 奥さん撮影 (500mm×4にて)

IMG_6375_1_1.jpg

IMG_6377_1.jpg

羽根に白い筋の入ったカラス
IMG_6347_1.jpg

アカツクシガモ
(600mm×4にて撮影)

実は出水にはこのカモに会いに来ました。
随分探しまわって、30分後にやっと見つけました。
IMG_0294_1.jpg

のんびりと休耕田でくつろいでおりました。
IMG_6459_1.jpg

カルガモぐらいの大きさで、橙赤褐色の体。頭は色が淡い。
全長:64cm
湖沼、広い川、広い水田などに飛来するが、数は少ない。
風切羽は黒いが雨おおい羽は白く、飛ぶとそのコントラストが目立つ
 絶滅危惧種に指定されている。
IMG_6498_1.jpg

IMG_0343_1.jpg

IMG_6419_1.jpg

平成26年1月12日撮影
-- 続きを読む --

category: カモ・ガン

TB: 0    CM: 0   

イワミセキレイ 

昨年の暮れから御池で話題のイワミセキレイです。
4時間かけて行ってきました。

目的は、動き回るこの小さな鳥1羽です、キャンプ場の中と聞いていましたが、中は広くこちらが探し回っても見つけるのは至難です。
良く見かけたという、駐車場で待つことにしました。
30分くらいすると、近くの木々を渡る小さな鳥を見つけました。双眼鏡でとらえたのがこの鳥でした。
やがて目の前の枯れ木のそばに降りてきました。
A17R0023_1.jpg
ちょこちょこ良く動き回ります。
A17R0048_1.jpg

A17R0097_1.jpg

A17R0132_1.jpg

A17R0256_1.jpg

他のセキレイ類は尾を縦に振るが、このセキレイは珍しく尾を横に振る、
名前のいわれは岩見国(現在の島根県西部)で最初に見つかった事からと言われており、
日本では数少ない旅鳥として、珍鳥扱いされているとの事。
勿論、初見初撮りです。

平成26年1月11日撮影

category: セキレイ

TB: 0    CM: 0   

ミコアイサ 

ミコアイサ(俗称パンダガモと呼ばれています)
本年、初の鳥見です。

久しぶりにミコアイサの夫婦に出会いました。
雄です。
IMG_6251_1.jpg

雌です。
IMG_0074_1.jpg

撮影しようと岸辺に寄ると、スーッと離れてゆきます。
IMG_4530_1.jpg

奥さん撮影
IMG_6123_1.jpg

カイツブリの横を通り、睨まれていました。
IMG_6280_1.jpg

平成26年1月5日撮影

category: カモ・ガン

TB: 0    CM: 0   

新年のあいさつ 

年賀

category: 年賀

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード