FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

干拓地①チョウゲンボウ 

有明海に面した長崎県のこの干拓地には、はじめてきました。
我が家から高速道に乗って約2時間半ほどです。意外と近くに感じられました。

ここ中央干拓地だけで706haあるそうです。
想像以上の広さです。



此処で目的のマダラや赤足チョウゲンボウ、ナベコウを探すと思うと
何と無く気が遠くなりそうです。
でも道路がきちんと整備されているので、ぐるぐる廻って見るには楽でした。



護岸の土手で見つけた・・・と思ったら普通のチョウゲンボウでした。



草むらでバッタでも獲っているのか、結構忙しく飛び回っています。









平成24年10月27日(奥さん)撮影
スポンサーサイト



category: 猛禽/チョウゲンボウ

TB: 0    CM: 0   

さらに…秋たけなわ 

コスモス全開
長崎へ行く途中に寄ったコスモス畑



長崎の干拓地にマダラチュウヒの若が入っていると聞いた
それにアカアシチョウゲンボウの雄やナベコウが一羽・・・・。
この九州の長崎の情報を滋賀の友人から聞いたのだ。


いつの話?と聞いたら、つい2~3日前の話という
鳥仲間の情報伝達能力は…すごい!



私たちは、まだこの干拓地に行ったことがない・・・情報の鳥に会えるかどうかは判らないが
有名な干拓地なので物見遊山で出かけた



モズが空へ向かって鳴いていました・・・こんな風情にも秋を感じます。



ジョウビタキの雌



ジョウビタキの雄



仲睦まじく飛び回っていました。

category: その他

TB: 0    CM: 0   

いよいよ…秋です 

やってきましたノビタキが・・・・秋ですね・・・・。



















下曽根にて
平成24年10月14日撮影

category: ビタキ類

TB: 0    CM: 0   

サシバの渡り 

サシバがすぐ近くで見られるというので5時間かけて宮崎の都城まで行ってみた。
渡りの中継地となっており、サシバの渡りでは全国でも有名な場所だそうだ。

標高が472mのさほど高くない山である。

中腹の駐車場から見るのが最適だそうだ、眼下に町が見渡せる。



見ごろは朝8時ごろからお昼ごろまでだそうだが・・・・・・。
時間になってもなかなか現れない、やっとあらわれてもはるか下のスギ林の上である。



気温が上がるにつれ駐車場のすぐ近くまで上がってきて木立に止まるというが、
その気配は全くなかった。
止まるのは、やはりはるか下の木立である。



いつの間にか駐車場は、物見の人でいっぱい。ワイワイガヤガヤと騒がしい。
(これじゃあ・・近くには飛んでこないよな・・・・・・)



薄曇りであまり風がないためか、飛びが散発だった。












いつもは1200羽~1500羽ほどがこの近辺を飛ぶそうだが、残念ながらこの日は350羽
程度だったそうだ
(この時期毎日カウントしているウオッチャーの話)
でも私には頭上を飛んだ5~60羽ほどしか確認できなかった。

今年2月に阿蘇でお会いしたTさんに出会った。Tさんはこの場所で2~3日連泊とのこと
私も、消化不良で未練が残り、もう一日とは思ったが、翌日に用事を控えていたため諦めて
帰宅することに・・・・。

期待しすぎたせいか落胆も大きく、帰りの運転時間がながーく感じられた。

雨の翌日が最適と聞いた・・・・・来年は、
連泊でサシバのドアップ写真を・・・・。

平成24年10月6日撮影

category: 鷹の渡り

TB: 0    CM: 0   

干潟 ② 

ずいぶん間が空きましたが続きです。

キジの次に出くわしたのが農道の横を走る電線に
鈴なりに止まっているツバメの集団



何故か道路にも(腹ばい状態だが死んでいるわけではない)



この日は、小潮だったせいか満潮になっても水際ははるか彼方だ、
水鳥も近くに寄らず画にならない



やっと撮ったチュウシャクシギ(いっぱいトリミングしてこれ)



アオアシかな?



コチドリも証拠写真程度



ハッキリ確認できたのは・・・
これ、おまけのムツゴロウだけ・・・でした。



こんなに大きな干潟とは、認識不足でした。
大潮を見計らって出直すことに・・・。

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード