FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

ゴイサギ 

今日も蒸し暑く30度を超えていました。
河北潟までいってゴイサギとササゴイを撮ってきました。

ササゴイそれともゴイサギ?
冠羽が白でなく青いのでササゴイ?でも目の虹彩が赤いのでゴイサギ?
でも顔の模様はササゴイ?どっちでしょう。



ゴイサギそれともササゴイ?判定は・・・?。



こちらはササゴイ


ササゴイの飛翔



雨の中のゴイサギ



ゴイサギの番い?



どうも最初の画は、もう一つササゴイなのかゴイサギなのかハッキリしません。

平成22年6月27日撮影
スポンサーサイト



category: サギ

TB: 0    CM: 0   

雨の中川の外 

今日は朝から雨、雨のためアユ釣りの太公望さん達、今日はお休みではないのか?
だったらひょっとしてヤマセミが戻って来てるかも?
ということで出かけた先からUターン・・・・。さにあらず川の中あちらこちらに太公望さん、雨なんか関係ないみたいです。
これじゃあヤマセミもいないだろうとがっかりして帰ろうとしたところへケッケッケッ・・・と
ヤマセミの声、
川ではなくて後ろ側の一段高くなった土砂採集場から聞こえる・・・?
車を寄せて辺りを探すと・・・。

雨の中、雌が電線の上に、雄は重機の上にいる。



雄は土砂採集用の重機シートに鳴きながらアタックしている。



垂れ下がったシートが土壁に見えているのか、再三アタックを繰り返す。
巣穴堀の動作に見える(haseさんが見たのと同じ光景のようだ)



穴が掘れるはずがない・・・・あきらめて重機の上に、



それから雌の近くの電柱の上に移動



雌に向かってしきりに鳴いている。



しばらく止まっていたが、雌と一緒に川面には向かわず反対側のスギ林の中へ消えていった。



川は太公望で占領されているのでスギ林の間を移動しているようだ。
このつがい抱卵はいつになるのか?

平成22年6月26日撮影

category: ヤマセミ

TB: 0    CM: 0   

ブッポウソウ 

雲が厚く垂れこめ、朝から蒸し暑く、家の中にいてもジトーと汗が噴き出してくるような天気でした。
久しぶりに石川県内の山へ涼みがてらにドライブとしゃれこみました。
その際、昼過ぎに出会ったのがこの鳥でした。
山間の電線に止まった影絵のようなこの鳥を見たときは、最初は少し小さいがカラス(ミヤマ)
と思いました・・・・が、なんとなく気になり双眼鏡を覗いてみました。
嘴が赤く全体が青っぽい・・・?、ひよっとしたら・・・。取りあえずカメラを取り出し
シャッターを切りました。
これブッポウソウですよねー。間違いないですよね・・・。
初見です・・・・。

実は7月に入ったら友人とブッポウソウを撮影に岡山の吉備まで行こうと相談していました。
なのでこんなところでこんなに簡単に出あうなんて・・・信じられません・・・でした。






















電線に止まっては飛び、飛んでは又電線に止まる。これを2~3度繰り返しては谷の方へ
飛んでゆきます。しばらくして又戻ってきます。
どうも虫を採ってはどこかへ運んでいるようでした。
ひょっとしたら・・・・?

野鳥撮影のつもりがなかったので600や500mmのレンズは持って行きませんでした。
それでもひょっとしたら~という思いもあり、400mm・F5.6の小さな望遠レンズを持って行きました。
手持ちでやっと撮れたのが上記の画像です。
見やすいように若干ですがトリミングしています。

平成22年6月20日撮影

category: ブッポウソウ

TB: 0    CM: 0   

親子 

カルガモの親子
マンションの前の河原で・・・・。













平成22年6月7日
奥さんの撮影

category: カモ・ガン

TB: 0    CM: 0   

コアジサシ 

コアジサシの飛翔シーン




















奥さん撮影分


奥さん撮影分

heisei22年6月5日撮影

category: アジサシ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード