FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

ヤマセミの雄 

午前中、ヤマセミのフィールドへ出向いてみた。昨夜降った雨のせいで水かさが増し、そのおかげで太公望達が居なかった、もしやと思いしばらく待ってみたがやはり現れなかった。
仕方ないので支流の方へ廻ってみた。しばらく探し回ってようやく木陰にへばりつくように止まっている雄のヤマセミを発見した。


此処は川幅が小さすぎて近づけない、かといって木の葉が生い茂りあまり離れると隠れてしまう、おまけに暗い、ましてや一旦飛ばれると、川に被さる様に木の葉が生い茂っているので探し当てるのは皆無である。厄介な場所である。


えさにありついているのか、こちらに気がついているはずだが、時々腰を上げる仕草はするがジーッとして動かない。



飛ぶところを撮りたかったが、こちらが根負けして退散する事にした。

平成21年7月20日撮影
スポンサーサイト



category: ヤマセミ

TB: 0    CM: 0   

アオバズク 

昨日は、午後からアオバズクに会いに昨年と同じ場所を尋ねてみましたが、会えませんでした。
近所の人の話では、4,5日前までは確かにいたと言うのだが・・・。
昨夜雨が激しく降ったので樹洞にでも入ったまま出てこないのだろうか?
仕方なくもう一つの心当たりの場所に出向いてみた、ここは初めてだったがすぐに会うことが出来た。

雌鳥は眠たそうで、いかにも迷惑そうな顔をしていた。



雄鳥は警戒しているのか振り返ってこちらを見ている。



平成21年7月20日撮影

category: アオバズク

TB: 0    CM: 0   

i伊吹山 

日曜日には、イヌワシに会いに伊吹山へ行ってきました。天気は悪く雨こそ降ってはいなかったものの
7合目あたりからはガスのため視界はほとんどゼロ、低速運転で9合目の駐車場へやっとのことでたどり着きました。それでも連休のせいか駐車場は貸し切りバスや乗用車で一杯でした。8合目あたりまで戻ってガスが晴れるのを待つことにしました。2時間ぐらい待った頃、要約ガスも上がりはるか彼方の山並みと雲の間に白く光る琵琶湖がみえてきました。



いつの間にか眼下の山の背に牡鹿が現れ野草をしきりに食べていました。






下のほうから救急車が上ってきました。


山陰から突然救急ヘリが爆音を立てて現れました。山頂付近で怪我人か急患が出たようです。


ヘリも山頂へ向かいましたが、山頂にかかった厚い雲に阻まれホバリングしたまま立ち往生しておりました。
山頂から救急車が猛スピードでけたたましくサイレンを鳴らしながら降りてきました。
救急ヘリもその後を追うように降下していきました。



一瞬サーッとイヌワシが眼前を横切りましたが、あっという間に山陰に隠れてしまいました。
慌ててレンズを向けましたが、後ろ姿のみしかも焦点が合っていません。



その後しばらくレンズをスタンバイさせ再度現れるのを待ちましたが、ガスが発生し周りも真っ白となり、雨も降り出したため諦め下山しました。
平成21年7月19日撮影

category: その他

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード