FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

ヤマセミの餌運び 

夕方、いつものフィールドに来てみると、川の中に太公望が3人釣りをしています。
今日が鮎の解禁日でした。すっかり忘れていました。2羽が下流から上流へ飛び、上流の釣り人を避けて対岸の林の中へ飛び込みました。出てきません。林の中を抜けた様です。
しばらく待機して釣り人が帰るのを待ちました。
待つこと1時間、上流から一羽、魚を咥えてカワセミが飛んできました。右前方の木に止まり魚を打ちつけた後、咥えなおして下流へ飛んでゆきました。
雛が生まれていると思います。巣へ持ち帰ったようです。












平成21年6月13日撮影
スポンサーサイト



category: ヤマセミ

TB: 0    CM: 0   

続サンコウチョウ 

再度サンコウチョウに挑戦してきました。
周りが暗い上に動きが早く飛ばれるとほとんどがブレてしまいます。
なかなか難しい被写体です。



雌が帰ってきたところです。


雄が巣の淵に止まり中に入りません。


暗いのでシャッタースピードが上がりません。


やっと枝どまりを撮りましたが、尾が切れています。


これは枝かぶりです。


やっと枝どまりでまともな画が撮れました。後ろ向きですが・・・。


影絵になりましたが、おもしろい画ですので載せました。



平成21年6月14日撮影(この画は一部拡大トリミングしております。)

category: サンコウチョウ

TB: 0    CM: 0   

サンコウチョウ 

昨日、サンコウチョウに会いに2時間かけて隣の県に行ってきました。2つの巣がありました。ひとつは5~6mの高さの枝に、もうひとつは3m位の高さの小枝に、それぞれの巣は300mくらい離れています。不思議なことにこの一つの低いの方の巣は遊歩道のすぐ側に営巣しています。(しかも毎年このあたりだそうです)今両方とも卵を抱いており、雄雌がそれぞれ15分~30分間隔で入れ替わりながら抱卵しています。
考えてみれば、もしかしたら遊歩道の側に営巣したのは意図があってのことかもしれません。
サンコウチョウの天敵は、蛇やカラスだそうです。人間様が騒いで近くにいるうちは、カラスや蛇が近寄りがたく、巣は安全ということになります。
もちろんサンコウチョウが人間様は、卵や雛には害を加えない生き物と判断していればの事ですが・・
それでも中にはわけのわからない鳥にとっても天敵のような人間もいますがね・・・。











卵を抱きながらかなり周りを警戒している様子でした。カラスが近所を飛ぶとサーッと巣を離れ違ったところで鳴きます。カラスが去ると又戻って卵を抱いています。巣の場所を悟られないように一生懸命です。
(この画は営巣中ですので結構離れた場所から撮っております。トリミングして載せております。)
平成21年6月7日撮影

category: サンコウチョウ

TB: 0    CM: 0   

舳倉島 

舳倉島の鳥(その3)
又、野鳥観察小屋に寄ってみました。又、ツミが上空を飛びましたが素通りです。
しばらくして向かいの木に小鳥が一羽止まりました。・・・が、始めて見る鳥です。
兎に角シャッターは切りましたが、すぐ飛んでゆきました。名前も良く分かりません。
帰ってから図鑑で照合してみましたが、やはりハッキリしません。????


(ヒメイソヒヨのメスだそうです。・・・OOさん教えていただきありがとう)

他に鳥も来ないので西の周回道路へ廻りました。
ここでサメビタキに会いました。元気良く飛びまわっています。






コサメビタキにも、



原っぱでは昨日と同じようにカッコウやツツドリが腰まである雑草の中を飛びまわっていました。



セイタカシギが竜神池でのんびりと餌をついばんでいました。






期待した珍鳥には会えないままとうとう帰りの時間がやってきました。
でもそれなりに皆満足したようです。
15時発の連絡船(一本しかありませんが)に乗り帰宅の途に着きました。
島の全容はだいたい理解しましたので、来年は少し早めに準備をして
4月後半から5月の前半までには、再度挑戦してみたいと思っています。

category: 舳倉島

TB: 0    CM: 0   

ヤマセミの雄 

先週の日曜日にヤマセミの様子を見にいつものフィールドへ行ってきました。
待つこと1時間、雄のヤマセミが下流から飛んできました。
(雄は、頸の所に橙色の斑点がある。雌は翼の内側が橙色・・前回のヤマセミのダイブを参照)

目の前を通り過ぎ200m上流の対岸の木枝に止まりました。
止まってからが長かった、1時間ぐらいじーっと同じ場所に留まっていました。
どうも雄と雌がそれぞれ単独行動しているようです。
もしかしたら巣に卵でもあり交代で暖めているのかも・・・。















川の向こう側でちょっと距離がありました。
平成21年5月31日撮影

category: ヤマセミ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード