FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

本命の黒い鳥 

約3時間半かかって現地に来た。
1週間前からこの鳥の飛来情報は得ていたが、なかなかその機会がなかった。
しかし機会なんて自ら作るもので、待っていても出来るものでもない。
・・・・・・・・ということで意を決して出かけてきた。
現地到着が8時15分・・・・・・4・5時間の睡眠だったが意外と眠気がこない。

周りには誰もいないが、場所はここでいいんだろうか・・・・・と気をもみつつ
出るであろうと思われる場所から4~50mほど離れた所に
機材(600mm/4×E7DMⅡ)をセットして待つことに・・・・・。
シロハラやアカハラがチョコチョコ出いりする。それに桜の花に群がるヒヨドリの声が意外と騒がしい

本命はなかなか姿を現さなかったが・・・・・・・待つこと約40分
前方、約30mほど先の桜の木の根っこのところにヒョッコリ顔をだした。
全身が黒く嘴が黄色い、シロハラを黒くしたような鳥・・・・・・・珍鳥クロウタドリである。
FX0A0180_201604100952568a4.jpg

なかなか警戒心が強いようで2~3分は顔だけ出したまま辺りをうかがっていた。
しばらくして、やっと全体をあらわした。
FX0A0056.jpg

あたりの気配をうかがいながらチョコチョコ動き回っては・・・・・・・・・・・・
FX0A0453.jpg

ツグミ科、
大きさは、体長:28cm
分布は、ユーラシア大陸のヨーロッパの全域および中東、インド南部、ロシア、中国の北西部と東部などに分布し、
ユーラシア大陸以外ではオーストラリア大陸の南東部やニュージーランド、アフリカ大陸の北部などで
生息が確認されている。
また、日本国内においては、ごく少数が冬鳥として確認されるが本当に稀である。
羽色は、雌雄で羽色が異なる。 一部、渡りを行う。
主な生息地は、草原や低木地などの視界の開けた場所や森林地帯の周辺に生息している。 (野鳥図鑑参照)

・・・・・・・時折餌を啄ばんでいる。
FX0A0277.jpg

何かに驚いて、いきなり飛んだ・・・・・・・・・・・。
そして、はるか先の枝に止まったが・・・・・・すぐにいなくなった。
FX0A0146_20160410105718d67.jpg

それからしばらく、姿を現さなかった.・・・・・・・が、1時間ほどたったであろうか、今度はすぐ近くの桜の幹に、
ヒョッコリ顔を出した。
FX0A0393.jpg

またもやジーッとあたりの様子を伺っていたが、ゆっくい動き出した。
FX0A0401.jpg

そして、近くの枝に飛んでは、しばらく休息しているようにジーッとし・・・・。
FX0A0232.jpg

又、下に降りては餌を啄ばむ
FX0A0404_201604100955293ae.jpg

又、飛んでは枝に止まり休息し
FX0A0260_201604101107429a9.jpg

下りては時折餌を啄ばむ・・・・・こんなことをしばらく繰り返した。
FX0A0441.jpg

警戒心を解いたのか・・・・・・時たまレンズを引くほど近寄ってもきた。
FX0A0296.jpg

しばらく遊んでもらったが・・・・こちらの方が満足し、そして飽いてしまったので退散した。

*日本では滅多に見られない鳥だが、ヨーロッパではどこにでもいるごく普通の鳥だそうだ。
 珍鳥も、処変わればただの鳥・・・・・・・・・ということか。

平成28年4月5日撮影
スポンサーサイト



category: クロウタドリ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード