FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

オオワシの飛びだし 

午後から今年
初見のご挨拶に湖北のオオワシに会いに行ってきました。
オオワシの飛びだしです。























これは奥方の撮影したものです。

平成21年12月12日撮影
スポンサーサイト



category: 猛禽/オオワシ

TB: 0    CM: 0   

今年初見のオオワシ 

北陸の正月3が日は大雪で鳥撮りもままなりませんので、天気予報を見て湖北へ出かけました。
オオワシへのご挨拶、現地へ到着した頃はまだみぞれが降っていました。
それでも7~8人の方が合羽を着てレンズを構えています。
山本山のはるか上方の枯れ木に止まっていました。レンズを通してやっと確認ができます。
濡れるのは嫌なので車の中で雨がやむのを待つことにしました。
待つこと20分、周りも明るくなり雨も上がりましたので車から這い出し機材を用意している時に
湖へ向かって飛ばれてしまいました。
10分ほど待機、双眼鏡で探していると山本山の尾根伝いに戻ってきました。
餌の確保は空振りだったようで何も持っていません。









狩りが空振りだったせいか止まっても落ちく気がなく



再度飛び立ちました








その後再び戻ってきて枯れ木に止まりましたが、狩りはまたも空振りだったようです。
平成22年1月3日撮影

category: 猛禽/オオワシ

TB: 0    CM: 0   

再び湖北へ 

どうにも落ち着かず再度湖北へ行ってきました。
現地に到着した時は、皆さん手もちぶたさの様子で、聞くとオオワシは前日から葛篭尾崎へ
行ったまま戻ってきていないとの事でした。
機材をセットしてとりあえず待つ事にしました。
その間上空をハヤブサが飛びました。





その後の情報では、葛篭尾崎を飛び立ちはるか上空を40分間ほど旋回していたそうです。
一時的に行方不明となり約20分後に山本山の尾根上空に突然現れました。

カラスが後を追っていましたが獲物は持っていませんでした。









*山本山の結構高い位置の枯れ木に止まりました。






その後飛び出したまましばらく帰ってきませんでした。
私たちは一旦山本山を離れましたが、再び戻ってきた時はすでにバスを捕獲して帰還し、さらに
カラスに追われ山本山の右はずれに避難し、そこの木でバスを食べ終わった後でした。



*枯れ木の画はかみさんの撮影(私のカメラは遠すぎてボケてました)
 動きのシーンはまだ駄目ですが止まりのシーンはバッチリの様です。

平成21年12月6日撮影

category: 猛禽/オオワシ

TB: 0    CM: 0   

過去のオオワシ 

過去の在庫から

平成16年の塩津のオオワシ



平成16年の山本山のオオワシ



平成18年の山本山のオオワシ



平成20年の山本山のオオワシ



基本的には見分けがつきません。

category: 猛禽/オオワシ

TB: 0    CM: 0   

オオワシの飛翔 

まだオオワシのまともな画が撮れてないので、今朝自宅を早めに出て再度湖北へ出かけました。
9時30分頃到着、現地ではすでにたくさんの大きなレンズが山本山に向けられセットされていました。双眼鏡を覗くと山の中腹の枯れ木に止まっています。

2時間ほどあたりをキョロキョロしながら止まっていました。



どび出しをじーっと待っていたのですがなかなか飛びません、
緊張が緩み始めたところに突然、湖に向かって飛び出しました。



しばらくして野鳥センター方面からバス(外来種の魚)でしょうか?
-ワシ掴み-にして戻ってきました。



この魚30cm以上はありそうです。(魚の種類が判りますか?)



山の中腹を一回り



紅葉を背景に悠然と舞っています。



止まり木を探しています。



*中腹の松の木の前の枯れ木に着木



*すぐに数羽のカラスが餌を狙って寄ってきました。



*カラスがあまりにもしつこいので再び飛び立ちました。



カラスをしり目に餌を抱えたままいつものねぐらへ飛び込みました。



ねぐらでゆっくり食事をしたのでしょうか
これ以後、今日は表には出てきませんでした。
(*印は7Dでかみさんが撮った画です)

平成21年11月29日撮影

category: 猛禽/オオワシ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード