FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

イヌワシ 

休暇に、ちょっと遠出をしてイヌワシとクマタカに会いに行ってきた。
まづ1日目は、イヌワシを目標に、朝10時ごろ山に登り、鳥撮り仲間と再会しスタンバイしたのだが
風が全く吹かないし、イヌワシもいっこうに姿を現さない。
地元の人の話によると、今年は、ほとんど見ることがないという。たまに出会ってもほとんどが雌で、
しかも単独だそうだ。
待つこと4時間、そろそろ諦めかかっていた頃、仲間の一人が左の尾根を一直線に下降する姿を捉えた。
ほとんど逆光で黒い影だったそうだが、その大きさから間違いなくイヌワシだそうだ。
降りたと思われる、場所に仲間の一人が走った。
やはりイヌワシだとの知らせに、レンズを持って私たちも走った。
こちらの道路際から約150mはあるだろうか、対面の小高い丘の石場に止まっているイヌワシを確認。
(トリミング処理)
IMG_3685_1.jpg

大きさからみてやはり雌のイヌワシだそうだ。
IMG_3627_1.jpg

しばらく止まっていたが、一瞬大きく羽を広げると、ジャンプしてそのまま丘の裏側に回り込んだ
そのまま姿を消した。
5F8B7381_1.jpg
その後、日が落ちるまで待っては見たものの二度と現れる事はなかった。
仕方なく下山・・・・・・。

この写真は、以前同じ場所で撮影したイヌワシの番である。
最近はこういった姿が全く見られなくなったそうだ
IMG_2847_1a.jpg

平成26年8月13日撮影
スポンサーサイト



category: 猛禽/イヌワシ

TB: 0    CM: 0   

イヌワシの夫婦 

イヌワシの番い

雌のいる岩場に雄がやってきました。(逆光ぎみでした)
此処の岩場はいつもの休息場所です。



夫婦のツーショットです。
イヌワシは一夫一婦制で一生連れ添うそうです。



雄が去り



雌がその後を追いました。



その後、しばらく姿を消していましたが
夕方近くになって発見、まったく別の岩場でくつろいでいました。



何か見つけたのか、岩場からのダイビング。



その後2羽とも尾根の裏側に飛んで行き帰ってきませんでした。

最後の岩場写真以外は、すべて奥さんが、500mmで撮影したものです。
(距離があるため若干トリミングしております)

彼女曰く「大分上手になったでしょ、猛禽類の撮影は私に任せなさい」・・だそうです。

翌日は風がない為かまったく現れず、おまけに昼ごろから雨模様、
やむなく高速道路の混雑も予想されるので早めに引き上げました。
久しぶりにHさん会いとゆっくり話ができました。
平成23年8月13日撮影

category: 猛禽/イヌワシ

TB: 0    CM: 0   

イヌワシ 

この山にはこの鳥に会いに来ました。











そうです・・・イヌワシです。
この日は到着するなり飛んくれました。

この画はいずれも奥さんが撮った飛翔シーンです。

平成23年8月13日撮影

category: 猛禽/イヌワシ

TB: 0    CM: 0   

滋賀のお山で避暑 

先週もお山に登ってきました。といっても徒歩で登ったわけではありません。
この暑さ、到底私にはそんなことはできません。車でドライブウエイを走ってきました。

下の写真!いえいえこれは私の車ではありません。山の上でたまたま見かけた外車を
撮ってみました。・・・場違いな車だったもんですから、、、、。



すっかり晴れて風がさわやかでした。



山の上は見ての通りの晴天



ずらりと並んだ大砲レンズ



イヌワシです。これを撮るために遠くは東の栃木、西は岡山からもやってきていました。



何とか眼が入った一枚です。(思い切りトリミングしてみました)
が良く見るとこのイヌワシ片足がないようです。(そう見えませんか?)



待っている間に現れたコサメビタキ



残念ながらイヌワシが何度か飛んだんですが、腕が未熟でこれ以上のお見せできるような
画がありませんでした。

平成22年8月29日撮影

category: 猛禽/イヌワシ

TB: 0    CM: 0   

滋賀のお山でイヌワシ 

27日にはイヌワシに再度挑戦してきました。
晴れ時々曇りの予報でした。到着した9時頃はガスがまだ出ていましたが、北から吹き上げる風に飛ばされたのか次第に視界が広がってきました。
風の吹き具合から岐阜県側の尾根でイヌワシが飛びそうな予感がし(特に根拠はないが風に乗って飛ぶと聞いていたので)8合目付近の広場に車を止めて双眼鏡をのぞいていると・・・見つけました!
はるか右下の谷間で舞っています。予感的中です、それも2羽です。
同僚S氏と駐車場で待ち合わせをしていたので、さっそく車で探しに向かいました。山頂の駐車場下でS氏を見つけ、イヌワシの発見を知らせました。すぐさまS氏とともに引き返して撮影の準備です。

1羽だけになっていましたが、まだイヌワシは悠然と舞いながら上昇しています。



すぐ面前を飛びました。



何か見つけたのか、羽をすぼめると急降下して行きました。



カメラから離れていると突然後ろの尾根を越えカメラのそばに飛来、あわてて走り寄り夢中でシャッターを押した一枚です。(調整できなかったので空が白飛してますが、爪の迫力なんかは判ると思います。)



舞いながら谷へ下りていきます。



悠然と飛んでいます



又何かを見つけたのかホバリングしています。



サーッと降りてゆきましたが、どうやら逃げられた様です。



獲物が捕れないのかこの日は珍しく谷あいを行ったり来たりしてくれました。



*少なくとも写真には2種類のイヌワシが写っていますがどちらが雄でどちらが雌かはよくわかりません
平成21年9月27日撮影

category: 猛禽/イヌワシ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード