FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

アオバズクとササゴイ 

毎日、暑い日が続きます。最近は、ゴルフの方が多く、鳥撮りはご無沙汰なんですが・・・年をとると、
こんな暑い日中のゴルフは、熱中症が怖くてなかなかできません。
そんな訳で久しぶりの鳥撮りです。   とはいえ、野鳥は夏枯れシーズンですので・・・この時期恒例の
行橋の正八幡にアオバズクを見に行きました。2羽の雛がもう巣立ちをしておりました。
カメラを向けると、羽を広げましたが、拍子でバランスを崩し落ちかけ、慌てて枝にしがみついたところです。
(約3mくらい頭上の枝に止まっていました。)
FX0A0004_201707261544357e4.jpg FX0A0165_2017072616423850a.jpg

親のアオバズク・・多分雄だと思います。
FX0A0042.jpg

ズッコケたほうではない子供です。
FX0A0234_1.jpg

2羽は、これくらいの距離で止まっていました。
FX0A0242_1.jpg

若干上の反対側の枝には、親子寄り添って止まっていました。
(小枝に覆われ写りは悪いですがこういった位置関係です)
FX0A0244_20170726164236ad8.jpg

子供が親鳥に甘えたような仕草を繰り返していました。
FX0A0192_201707261544342d7.jpg

興味があるのか、親子で、カメラを向けている私の方をじーっと見ています。
FX0A0197_20170726154433084.jpg
子供は2羽ともだいぶ大きくなっています。
70~200mmのズームレンズで撮影

すぐ側の木にササゴイが居ました。
FX0A0117_20170726164235df4.jpg

木の茂みの中にはササゴイの子供も巣立ちをしていました。
アオバズクと違って、ずいぶん木の高いところにいます。
FX0A0122_20170726164234d75.jpg

子供は3羽ほどいたと思いますが、木の葉に隠れ正確には確認できませんでした。
FX0A0133_2017072616423372d.jpg

毎年、この神社ではアオバズクと、ササゴイが同時期に子育てをして、巣立っていきます。
ササゴイの番は3~4組ほどあるそうです。
平成29年7月25日撮影
スポンサーサイト



category: アオバズク

TB: 0    CM: 0   

アオバズク 

もうそろそろ、巣立ちのころと思い・・・・・・行橋まで行ってみました。
行ってみると、いつもの木立の中にはいません・・・・・。
神社の人に聞いてみると・・・・境内の奥の木に移っているとの事
予定より若干早いような気もするが・・・・・・?

いました・・・・・・が、結構上の枝にとまっており、しかも足場のすぐ横に柵があって一方向からしか見れません
横からは、枝や葉っぱに隠れかなり見にくい状態です・・・・これは真下から写したものです。
P1030428.jpg

境内を出て道沿いから隙間を狙って撮ったのがこの親鳥
FX0A0161_20160723235031136.jpg

さらに角度を変えてようやく見つけたのが・・・・・この雛鳥
じーっとこちらを見ています
FX0A0091_20160723235030b57.jpg

もう一度境内へ戻り・・・・葉の隙間を狙って、縦撮りで何とか収めました
FX0A0273.jpg

この子は後ろから・・・たまたま振り返った瞬間を・・・・・。
<FX0A0526.jpg

全長29cm。頭から上面、翼の上面、尾は黒褐色。腹は白色で黒褐色の太い点がつながった縦斑があります。
フクロウの仲間で、本種もオスよりもメスが大きい体です。
アジアに分布していて、日本では夏鳥です。全国に分布していますが個体数は多くありません。
大木の樹洞を巣にすることが多いので、山地の林で見るよりは、街の中の神社・仏閣の樹林、
時には街路樹などで見ることの多い種です。
昆虫類を主食にしていて、街灯に飛来する虫を捕えているのをよく見かけます。
「ホッホウ ホッホウ」と二声ずつ繰り返しさえずります。
飛行姿は尾が長いこともあり、タカの仲間かと思うこともありますが、頭が丸く、首が短いのでフクロウの
仲間であることがわかります。(野鳥図鑑より参照)
FX0A0370_2016072323502827a.jpg

雛はどうやら4羽いるようです・・・・・・。
こちらは親鳥、多分雄だと思うが・・・・・。
FX0A0553_20160723235028d91.jpg

最初の真下からの写真の中に親子で6羽とも一応写っていますが・・・・わかりますかね?

今は、一番遅く生まれた子が、やっと飛べ木どまりができる状態の様ですが、もしかすると
もう4~5日ほどで旅立するかもしれません。
例年より少し早いような気もしますが・・・・・?

三脚は狭いので他の人の迷惑になりそうなので・・・400mm×5.6/7DMⅡの手持ちにて
平成28年7月23日撮影

category: アオバズク

TB: 0    CM: 0   

アオバズクの雛 

もうそろそろと気になって行ってみると、2羽だけでしたが
雛が巣立ちをしていました。
FX0A8172.jpg

首の動かし方が滑稽です。頭を横にグーッと傾け・・・・・・・・・
FX0A8043.jpg

コックンと折りました。まるで私たちを意識してふざけている様にみえます。
FX0A8047.jpg

FX0A8071.jpg

左の子は、多少やんちゃな様で色々な動きをします。右の子は眠たいばかりの様です。
FX0A8164.jpg

IMG_4797.jpg

親鳥は、いつもの場所に止まっておりますが、相変わらず眠たそうです。
FX0A7813.jpg

A17R0469.jpg




平成27年7月30日撮影

category: アオバズク

TB: 0    CM: 0   

神社のアオバズク 

贈り物用の桃を求めに新田原まで行った帰りに、夏鳥の定番ですがアオバズクの様子を見に寄ってきました。
神社では、夏祭りの準備の様で10人程の人が、笹竹を立てたり縄を絞めたりと忙しく立ち働いていました。、

木の上のアオバズクは、相変わらず眠そうにしています。
下の喧騒をよそに、一つ所で日がな一日こんな状態で止まっているようです。
FX0A7805.jpg

雄の様です。時折、何かの音に反応し目を開けますが・・・しばらくすると又目をつむってしまいます。
FX0A7973.jpg

隣の木の葉陰の中にも一羽います。多分こちらが雌だと思います。
A17R0399.jpg

A17R0418.jpg
雛の巣立ちも、もうそろそろだと思い、あたりを探してみましたが見当たりません。
まだ室から出ていないようです。

上空を何かが飛んで向かいの木に止まりました。目を凝らして探してみると、ササゴイの若でした。
FX0A7949.jpg

2~3羽いる様です。
こちらは、すでに巣立ちをして、神社内の木々を自由に飛び廻っているようです。
FX0A8008.jpg

さらに隣の木には、親鳥が隠れるように止まっていました。
A17R0075_1.jpg

*アオサギと前後になりましたが・・・これは先週の土曜日の事です。
平成27年7月25日撮影

category: アオバズク

TB: 0    CM: 0   

アオバズク 

神社のアオバズク
IMG_4491_1_1.jpg

巣穴のある隣の木で警戒中のようです。体が小さいので多分雄でしょう。
IMG_4460_1_1.jpg

雌は子育てで洞に入ったままのようです。
IMG_9020_1_1.jpg

後10日もすれば親子そろった姿も見れるかも知れません。
IMG_4496_1.jpg

IMG_9021_1.jpg 
奥方撮影

平成25年7月14日撮影

category: アオバズク

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード