FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

頭が白い 

ムクドリと一緒に行動していた・・・・、
ギンムクドリです。(奥さん撮影)
IMG_2895.jpg

私と別行動をしていた奥さんの目の前に5~6羽の群れで飛んできて採食しだしたそうだ。
IMG_2901.jpg

奥さん、400mm/5.6で手持ちでの撮影
IMG_2927_1.jpg

 全長は 24cmでムクドリと同じ大きさ、数少ない冬鳥として11月~4月頃飛来、旅鳥
 生息場所は、主に農耕地・林縁・人家等の周辺でムクドリと共に行動することがある。            
 特徴は、嘴が赤く先端部は黒い、脚は赤く成鳥雄は頭部が淡い褐色で白っぽく見え、雌は全体的に淡色。        
 中国大陸の南部で一帯に生息し、一部はベトナム北部等で越冬する。
 日本では、九州南部から琉球列島に少ない冬鳥として渡来し、八重山列島・石垣島では越冬する。(野鳥辞典参照)    
FX0A0534.jpg

意外と、人なれしていたとのこと・・・・。
FX0A0506.jpg

FX0A0514.jpg

これは、待機していた私の前方の丘に飛んできて、たまたま木どまりしたのを撮ったもの・・・・・・。
たぶん奥さんのところから飛んできた同じ固体のようだが、ギンムクだけだった。
FX0A0192.jpg

私は500mm/4で撮影
FX0A0196.jpg

今回の本命ではないが、出会いたい鳥のひとつで・・・秘かに期待はしていた。
もちろん初見初撮りである。
平成28年4月5日撮影
スポンサーサイト



category: ムクドリ

TB: 0    CM: 0   

ムクドリ 

アカモズと入れ替わりにやってきたのがムクドリです。

DPP_0121a.jpg

そしてラッキーだったのがホシムクドリもやってきた、道脇のアカモズが最初にいた木に止まりました。
IMG_1074_1a.jpg

*ホシムクドリ
 体に黄白色の斑点。夏羽では斑点が無く緑色や紫色光沢がある。
 全長約21cm位、主に九州南部や南西諸島に飛来するが、数は少ない。
 ムクドリの群の中に単独か数羽でいることが多いとの事。(日本野鳥の会資料参照)

このホシムクもムクドリと行動を共にしているようです。

川側の木の小枝にもムクとホシムクが止まっている。
DPP_0122b.jpg

やがて無造作に置かれた魚網の上に降りた
DPP_0125.jpg

何か虫でもいるのか、しきりに網中へくちばしをつ込んでいた。
DPP_0142a.jpg

網上をチョコチョコ歩き回っていたが、むくっと顔を上げたかと思うと、サーっと飛び立ちました。いっせいにです。
DPP_0137.jpg

道路に車が止まっている。先ほどの乗用車が戻ってきたのだ・・・・。
これで又、しばらく此処にはこないだろう。万事休すです。
仕方なく私たちはその場所を離れました。

平成27年1月31日撮影

category: ムクドリ

TB: 0    CM: 0   

ホシムクドリ 

ホシムクドリ
天気がいいので曽根干潟に行ってみた。
7~8羽のムクドりが新田の中を飛びかっていたが、その中に一羽ホシムクドリが
混じっていた。
行動を共にしてはいるが、心なしか他のムクドリとは若干距離を置いているように
見えた冬羽のホシムクドリ。











category: ムクドリ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード