FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

ミソサザイ 

ミソサザイを撮りに英彦山まで行ってきました。
足場が悪いので奥さんを登山道の入り口近くに待たせ、カメラを担いで沢伝いを少し登ってみました。
ミソサザイの声は聞こえてくるんですが、姿を現しません。
それでも無理して屏風岩近くまで登ってみましたが、結局見つけられませんでした。
仕方なく下りていくと・・・・・・。

杉の倒木の前で奥さんがしゃがみこんでレンズを構えています。
「何かいるの」 「貴方の探し物、もうすぐ出てくるわよ」 「?」
そしてレンズの先に現れたのは、何と! 探しまわってたミソサザイです。
枝にちょこんと乗って勢いよく鳴き出しました。

奥さん撮影(EOS7D×400mm-F5.6)
IMG_2117.jpg

鳴き終わると倒木の下に隠れたり、倒木の向こう側から姿を現したりと気ぜわしくチョコチョコと動き廻ります。
今度は、いきなりパッツと小枝の上に現れて、
尾をピンと上げ、「ピィピィピィピ・・・・チリリリリ・・・・」とかん高い声で鳴きだしました。
FX0A7933_2015042818500416e.jpg

鳴き終わると、倒木から木立伝いに移動し、しばらく姿を消したかと思うと・・・・。
FX0A7797_201504281850028b0.jpg

再び小枝に姿を現し、又大きく口を開けて勢いよく鳴き出します。
FX0A7818.jpg

全長10.5cm。全身こげ茶色で細かい模様をしています。
日本では全国に分布していて、山地の渓流ぞいの藪や岩のある林などに生息しています。
冬にはより低い山地や山麓の沢や岩のある林へおりてきます。
ミソサザイは山の谷あいのうす暗い林が好きな地味な鳥で、ふだんはヤブの中にもぐって暮らしています。
スズメより小さい、日本でも最も小さな鳥のひとつですが、からだに似合わぬ大声で長くうたい続けることで有名です.
( 野鳥図鑑参照)

小さな体で声を張り上げ、これ見よがしに鳴く姿は、大変愛らしさがあります。
FX0A7802_2015042818500078e.jpg

泣き止んだ途端、今度はくるっと向きを変えて、パーッと沢に向かって飛んでゆきました。
FX0A7912.jpg

帰りの車中で奥さんの余計な一言、「私が見つけたんだからね」  「・・・・・・・・」

平成27年4月26日撮影 (EOS7DMⅡ×400mm-F5.6)
スポンサーサイト



category: ミソサザイ

TB: 0    CM: 0   

遠征 

連休を利用してチョッと遠出をしてきました。
その森で最初に出迎えてくれたのがこの鳥です。

ミソサザイ



ピピピ、チュイチュイ、チリり・・・。
美しい声でさえずっています。






雛でも育てているのか、ゴジュウカラが餌を求めて
忙しく動き回っていました。









キョッキョキョキョと声を響き渡らせていたのがこの鳥
ホトトギス赤色型(証拠写真)



目当ての鳥が他にあったのですが残念ながら会えませんでした。

場所を移動して会えたのがこの鳥アオバズクです。
近所では、会えなかったので今年は諦めていましたので、ラッキー!



本格的に眠ってしまいました。



平成22年7月18日撮影

category: ミソサザイ

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード