FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

ベニマシコ 

ベニマシコ
毎年の事だが、この時期になると山田緑地公園にベニマシコが来ている。
恒例のように出かけた。
が・・・この日は、私用を済ませて出かけたので、少し遅かった。現地に着くと間もなく雨が降り出した。
シャッターを4~5回押しただけで退散となった。
FX0A0588.jpg

翌日にリベンジである。、少し早めに出かけた、とはいっても現地到着が10時頃である。5、6名の人が先着しており、
しきりにシャッターを押していた。
すでに、出ているようだ、早速カメラをセットして、被写体に向けたが・・・すぐに飛ばれてしまった。
FX0A1016.jpg

一羽が、上の木の茂みに向かって飛ぶと次から次と、その茂みに向かって飛んでゆく、あっという間にいなくなった。
少し移動して、探してみると、茂みの中に固まって止まっていた。
食べ過ぎて休息中?                   (証拠写真)
FX0A1053.jpg

何とか隙間を縫ってシャッターを切った。
FX0A1135.jpg

FX0A0682_20190208204241d26.jpg

画にならないので、元に場所へ戻って待機していると・・・・。
だんだん、枝伝いに戻ってきた。 この赤いのが雄
FX0A0727_20190208204241063.jpg

木の芽を食べている。
FX0A1085.jpg

この茶色いのがメスである。メスは地味なので、オスに比べると人気が今一つ。
でもよーく見るとなかなかかわいい顔をしている。
FX0A1074.jpg

また元の場所に戻っって、セイタカアワダチソウの種子を食べ始めた。
FX0A1038_20190208204637b47.jpg

FX0A0778.jpg

なかなか近くに寄ってくれない。
FX0A0982_201902082046363db.jpg

アワダチソウの茎の隙間を探して撮影するしかなかった。
FX0A1238.jpg

種子を食べだすと、しばらくいてくれるので、何とか全体像が入るように撮影することができた。
FX0A1335.jpg

FX0A1250.jpg FX0A1265.jpg

全長15cm。オスは赤く、メスは茶色をしています。尾が長い小鳥で、体の向きを変えながら「フィッ フッ」あるいは
「ピッホー」と聞こえるやわらかい声を出します。日本では北海道と青森県の下北半島で繁殖、平地の低木林や
ヤブのある草原に生息します。冬は本州以南の山地の落葉樹林のヤブや水辺のアシ原でよく見られる鳥です。
短めの翼を速くはばたき、波形を描いて飛びます。草原の赤い鳥といえばベニマシコのオス、メスはほんとうに地味です。      (野鳥辞典より)
FX0A1320.jpg

                                                        2019年2月8日撮影
スポンサーサイト



category: マシコ類

TB: 0    CM: 0   

ハギマシコ 

先週、隣の県の山へオオマシコを求めて行ってきました。
山頂近くまで車で行けるとの事だったので、雪の残る山道をひたすら登ってゆきました。
右に曲がれば山頂まで後200mというところで、積雪が急に多くなり、さらに、そこから先は、
まっさらの雪道で誰も踏み入ったような形跡がみられないため、不安になり、山頂は断念して、
8合目あたりで探すことにました。
1時間くらい探しましたが、残念ながら会えたのはハギマシコだけでした。
10羽程の群れで、雪の上を走り回っておりました。
A17R0077_1_1.jpg

A17R0100_1_1.jpg

全長約16cm程の大きさで、
夏羽は全身が褐色の羽毛で覆われ、嘴の色彩が黒い。冬羽は嘴の色彩がオレンジがかった黄色になり先端がやや黒い。オスは頭部から腹面にかけて黒く、胸や腹には白ぽい、赤紫色の細かい斑紋がある。名前はこの斑紋がハギの花のように見えることからきているらしい。頭から頸にかけて明るい褐色。胴体や肩羽は褐色で、羽毛の周辺の斑紋は黒褐色。メスは褐色みが強く、腹には灰色に赤紫色の斑紋がある。(野鳥辞典から)
A17R0827_1.jpg

A17R0837_1.jpg

A17R0853_1.jpg

シベリア東部からカムチャッカ半島、北アメリカ大陸北部の山地で繁殖。日本へは冬鳥として
11月頃に渡来し、3月頃にはいなくなる。ほぼ、日本全土に渡来する。四国や、中国山地には群れで
現れることもある。北海道では夏も生息するとのこと。
生息地 は、崖や岩場の周辺を好み、崖地の多い海岸や山地で見られることが多く、
山地の渓流沿いや荒地などでも見られるそうだ。
A17R0892_1.jpg

IMG_1950_1a.jpg

旅立ちの準備か、食欲旺盛で丸々と太っていました。
平成25年2月16日撮影

category: マシコ類

TB: 0    CM: 0   

大猿子 

連休2日目は、鳥友S氏と待ち合わせて南の山へオオマシコを撮りに行きました。
山頂付近の道路は雪が残ってアイスバーンになっており車で登るのに一苦労でした。
(もちろんラジアルタイヤです)
頂上でハギマシコを撮影している人に出会いオオマシコのポイントを教えてもらいました
そのポイントで意外と簡単に撮影できました。


















ポイント場所は変哲もない道路際のところでした。
どうしてこんな処にオオマシコが来るのか初めは判りませんでしたが、
よーく見ると木の根元にたくさんの鳥の餌(稗や粟)が捲かれていました。
しかも捲きすぎでは・・・と思えるほどの量です。
オオマシコそのものが初見の私達にとっては簡単に出会えたのだからそのことについては
ありがたい思いもありましたが、何と無く撮影意欲が萎えてしまい場所を変えました。
平成23年1月10日撮影

category: マシコ類

TB: 0    CM: 0   

マシコNo2 

ユキの上で戯れるハギマシコ


















群れで行動し飛ぶときも前後左右にめまぐるしく方向が変わり
意外と気忙しい鳥です。
-1.5度の中、震えながら奥さん撮影

category: マシコ類

TB: 0    CM: 0   

マシコ No1 

昨年末に雪の降る山の頂上で撮ったハギマシコ
















ちなみにその時の山の温度-1度でした

平成22年12月31日撮影

category: マシコ類

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード