FC2ブログ

イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

鹿児島パート③ 

出水の鶴観察センターに向かいました
当日の鶴の数13,100羽と掲示されていました。
ナベヅル9,570羽、マナヅル3,510羽、クロヅル7羽、カナダヅル11羽、ソデグロヅル1羽、ナベクロヅル1羽との情報でした。

マナヅルにナベヅル
A17R0535_1.jpg

中にソデグロヅルの幼鳥が一羽
A17R0554_1.jpg

紛れ込んで来たようです。(羽根を広げると先の方が黒いそうです)
A17R0630_1.jpg
前回撮影できなかったカナダヅルを探した
センターではなく川ひとつ隔てた干潟で見つけた。

カナダヅル  
 A17R0731_1.jpg

全体に灰色ぽく顔の赤いハート型の文様が特徴的です。(奥さん撮影)
IMG_1348_1.jpg

カナダヅルの飛翔
A17R0681_1.jpg

A17R0685_1.jpg

IMG_1321_1.jpg

カナダヅルは全部で11羽とのことだが、近くにいるのを数えて見ると7羽確認できた。(奥さん撮影)
IMG_1346_1.jpg

中にはうずくまって寝ているのもいた。
A17R0721_1.jpg
私の勝手な思い込みかもしれないが、鶴は右端のナベヅルのように片足で立って寝るものとばかり思っていた
残念ながらクロヅルは確認できなかった。

平成25年2月3日撮影
スポンサーサイト



category:

TB: 0    CM: 0   

鹿児島での鳥見③ 

出水市を通り越し熊本県の水俣市までさかのぼり、竹林公園で一泊した。
早朝、一件用事を済ませ、早速出水市の鶴の飛来地を目指した。
出水市に入り途中で道路の左右の畑地の中にいる鶴を確認しながら
20分くらいで目的地に着いた。駐車場は意外とすいていた。
現地では鶴の鳴き声がすごい・・・・。
上空には4~5羽ぐらいの編隊で鶴が飛び交っている。

8,000羽ほどの鶴が飛来しているとの事。









ナベ鶴






マナ鶴



クウォー、クウォー、と鳴きながら飛んでいる。



カナダ鶴やクロ鶴も数羽混じっているとのことだったが、さすがに8,000羽の中から
探し出すには時間もなかったし識別する力もなかった。次回の楽しみにした。
平成23年11月27日撮影

category:

TB: 0    CM: 0   

ナベヅル 

関西までチョット遠出をしてナベヅルを撮ってきました。




















随分長くこの場所にいるそうですがそろそろ渡りの時期だとのことで寄ってみました。

SさんとともにAさんにクロサギの居場所に案内していただ来ました。生憎見つからず、
このナベヅル他2,3穴場を紹介していただきました。ありがとうございました。
機会を作って是非挑戦してみたいと思っています。
平成22年2月27日撮影

category:

TB: 0    CM: 0   

タンチョウ鶴 

桃太郎さんに刺激され本州では珍しい鶴、タンチョウを見に愛知県まで行ってきました。
一羽だけですが、夜は近隣の池の中で休み、明けるとこの山間の田んぼに飛来し夕方までいるそうです。
当日は、道路にはたくさんの見物客がいましたが、
意識しているのかいないのか黙々と餌を啄んでいました。









タンチョウを撮っていたらレンズの前の小枝にメジロが飛んできて、
撮ってくれとばかりに愛嬌をふりまいていきました。









残念ながら撮影位置が悪く飛んだときは後ろ姿しか撮影できませんでした。

平成22年2月14日撮影

category:

TB: 0    CM: 0   

北陸に舞い降りたナベヅル 

どういうわけか来るはずもないナベヅルが北陸の地に舞い降りたとの情報で撮影に行ってきました。
















4羽飛来しているとのことでしたが、確認できたのは2羽だけでした。
それにしても、冬鳥として鹿児島か山口県にしか飛来していないナベヅルが帰航の途中とは言えなぜ
北陸まで来るのだろうか?風にでもあおられたのだろうか?
平成21年4月4日撮影

category:

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード