イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

チョットそこまで・・・。 

河口付近で撮ったこのカモ・・・・何ガモ??
ハンドブックで調べたがわからない。さては・・・珍鳥なのか?
IMG_7839.jpg

家へ帰って、よくよく調べたら・・・・どおやらホオジロガモの雌の様だ・・・。
雄がいれば、特徴があるのですぐわかるのだが、雌だけだとわからない。
でも初見である。
A17R0875a.jpg

実はこれもそうだ・・・いきなり現れた。1羽のみ・・・何かの実をついばんでいる。
最初は、わからなかったが…これは調べなくても大体わかった。マシコである。ハギ?、ベニ?
A17R0885.jpg

ベニマシコの雌であろう。
あたりに雄がいない・・・いや根気よく範囲を広げて探せば多分いたのであろうが、余裕がなく移動した。
A17R0873.jpg

ハイイロチュウヒ・雄・・・そろそろ大陸へ帰るころだ・・・間に合ってよかったが・・いつもの事だがサービスが悪い。
FX0A4532.jpg

FX0A4547a_20170222230548aaf.jpg

いつもの場所の塒入りだが・・・・暗くなってからのご帰還である。
FX0A0336_2017022223054790d.jpg

ハイイロチュウヒの雌
FX0A0313.jpg

雌もほとんど見えないくらいに塒入り・・・ISO感度を目いっぱい上げている。
FX0A0311.jpg

最近は、なんとなく鳥見に感動がなくなった。このハイイロチュウヒにしたってそうだが・・・。
以前は、この鳥を見るために・・・5~60キロ近くを何度も往復したもんである。
この日も撮るには撮ったが感動がない・・・。やはり撮影だけでは、だんだんこうなるのかも?
もう少し、生態とか、分類とか、写真でもただとるだけではなく、美しさを追求するとか・・・・もう一歩深入りしなきゃ・・
だんだん興味も希薄になっていくのかも。
だが・・・この年になって専門家になるつもりはないし、単に趣味の範囲でいいと思っているので・・・・
こんなもんんかもな・・・とも思う。
まだ会ったことのない未知の野鳥には興味はある。図鑑を見れば、まだまだ会っていない野鳥のほうが多いい
だが、出会えない野鳥には、出会えない理由がある。近辺にはいない野鳥たちである。いわゆるこの地域から見ると
珍鳥のたぐいである。珍鳥を求めて日本各地を巡ればいいんだろうが・・・・。
暇があるときゃ金がない。金があるときゃ暇がない、とかくこの世は・・・・・・・である。

明日は・・ゴルフのコンペ・・・これも最近は感動がない・・・いつまでたっても上達しない・・・・いや、だんだん悪くなる。
足腰の踏ん張りがきかず、飛距離も落ちて、集中力も気薄になって・・・70もすぐそこだ(スコアーじゃない、歳の話)
最近は、こういった愚痴ばかり・・・・年をとるって・・・いやだね。
スポンサーサイト

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

ビオトーブ 

若松に珍鳥(ヒゲガラというらしい)が来ているとの情報で、お昼から出かけてみました。
駐車場に結構な台数の車が止まっています。この珍鳥目当てのバーダーたちのようです。

園内にはいると、ツグミがいました。きれいだったので・・・。
FX0A0015_20170209235028e79.jpg

所々に数人ずつかたまっては居るが、適当におしゃべりをしているようで・・・・肝心の珍鳥には
まだお目にかかっていないようです。

ガラというからには・・・ということで・・・ツリスガラの群れを目当てに園内をぶらぶらしていると・・・・
チーチーと鳴き声が聞こえてきました。
水辺の葦原の中にいました。。

雄のツリスガラです。・・・ほんの10cmほどの小さな小鳥です。
FX0A0475.jpg

しきりに葦のの茎を突いています。
FX0A0299_2017020923502686c.jpg

ガマの穂に雌がいます。(奥さん撮影)
FX0A0336_201702092350257f6.jpg

(奥さん撮影)
IMG_5671.jpg

何羽かの群れで飛び廻っています。
FX0A0343_20170209235024681.jpg

何個かの群れを見つけ、そのヒゲガラとやらを探しましたが・・・・見つかりません
FX0A0506_20170209235023201.jpg

オオジュリン
FX0A0507.jpg

FX0A0552_20170209235309724.jpg

人づてに聞くところによると、この日の訪問者たちは、だれもその珍鳥を目にしたものはいないそうで、
と・・いうよりも、先週の土曜日に一人のバーダーが、偶然撮影した以外は・・・・だれも発見できていないんじゃ
ないかという事の様でした。

何十人も来たであろうが、見たのは、情報を発信した第一発見者のみ、写真があるので居たのは確実だが・・・
風が強く、葦が大きく揺れる、この広いビオトーブでわずか10~11センチの小鳥を探す・・・
しかも立ち入り禁止の多い限られて範囲内では、雲をつかむような話・・・・ということで
夕方から雨模様ということもあり、諦めて帰還することにした。

途中で見つけたアトリの画です。
FX0A0071_20170209235501a16.jpg

FX0A0089.jpg

数羽が木に止まっていましたが・・・・
FX0A0078_201702092354593c5.jpg

道路を挟んだ田圃の中に群れていました。
FX0A0054_201702092354586bc.jpg

平成29年2月8日撮影

category: ツリスガラ

TB: 0    CM: 0   

今川付近(陽気に誘われて) 

早春の陽気に誘われて、今川に行ってみた。
外の風はまだ冷たいが、車の中では日差しで温かく、きらきら光る川面を眺めていると眠たくなる・・・。
水面にぷかぷかとカモが浮いていた・・・ので何羽か撮ってみた。

スズガモ
FX0A0103.jpg

スズガモの雌
FX0A0082.jpg

スズガモの番
FX0A0117_20170205185816740.jpg

ツクシガモ
FX0A0143_2017020518581524c.jpg

オナガガモの番
FX0A0157_20170205185813cb6.jpg

オカヨシガモの番
FX0A0209.jpg

ウミアイサの雄
FX0A0167_20170205190140d4b.jpg

ウミアイサの番
FX0A0196_20170205190139ab4.jpg

いるはずのクロツラヘラサギがいないので不思議に思っていたら・・・・。
すぐ近くの灌漑用のため池に群れを成して居た。
FX0A0335_201702051913339c3.jpg

クロツラヘラサギとヘラサギが混群でいるようだ。
FX0A0358.jpg

ヘラサギ
FX0A0364.jpg

クロツラヘラサギ
FX0A0398.jpg

どうやらカップル誕生の様だ・・・・。
FX0A0400_20170205191329ec8.jpg

FX0A0420_20170205191327737.jpg

平成29年1月31日撮影

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

冬山の鳥 

隣の県へ・・・・・。
薄っすらと雪の積もる、中央のお山へ登ってみました・・・と言っても徒歩じゃありません車で・・・です。
舗装した山道ですし、道路には、雪はありませんので、行けるところまで行ってみました。
目的は、さしてあるわけじゃないのだが・・・ハギマシコか、ベニマシコがいないかな~、もしかしたらクマタカにも・・・
なんて思って・・・・・。
中腹にある広場で車を止めて休んでいると・・・・前方の山影の雪の残る切り株に何やら・・・小鳥がいます。
切り株を突いているようです。スズメより小さいようだがミソサザイでもないようだ。
何だかよく判りません。
とりあえず400mmレンズで車の中から2~3枚撮って・・・若干車を近づけてみた。
案の定逃げられた・・・・逃げられたというのは飛んだのではなく、チョンチョンと跳びながら、茂みの中へ
入ってしまった。
写真をを拡大して野鳥図鑑で調べてみました・・・・・・どうやらカヤクグリの様です。

しばらくすると・・・又、先ほどの切り株に・・・・戻ってきてました。
今度は、正式に三脚を立て600mmで車陰から撮影
A17R0592.jpg

全長14cm。全身こげ茶色に見える、模様や色に目立つところがない。
日本特産種(世界中で日本にしかすんでいない)で、北海道、本州、四国の高い山の針葉樹林やその上部のハイマツ帯で
繁殖しています。冬には標高の低い山地に、時には丘陵地や平地にまで来ることがありますが、いずれも林の中。
沢沿いの薮で見ることが多く、地上で虫や草の種子を食べている。.
「チュリ チュリ チュリ チュリリリ ヒリヒリ」などと聞こえる早口の澄んださえずり。
冬には単独で見られることが多い。「日本の鳥百科」から
IMG_7976.jpg


IMG_7977.jpg

それから・・・・うろうろする事・・約1時間程・・・・。
とうとう見つけました・・・木に留まるマシコを1羽いや2羽程
さてさてベニか?・・・・それともハギか?
IMG_7993.jpg

ベニでも、ハギでもない・・・・・オオマシコだった。
A17R0030_1.jpg

群れでいるのでは・・・と,
あたりを探してみたが・・・・・群れてはいなかった。
それにしてもオオマシコに会えるとは・・・・・大阪の山以来・・・。
A17R0012.jpg

そのほか・・・・マヒワの群れにも出会った。
A17R0029.jpg

秋楡の実を食べるマヒワ
A17R0102.jpg

同じ木にアトリも居た。
A17R0224.jpg

場所は違うがシメにも出会った。
A17R0043.jpg

何となく出かけ、何となく行った山だったが・・・・・南では、なかなか会えない鳥に出会って何だか得した様な・・・・。

2017年1月15日撮影

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

久しぶりの鳥撮り 

久しぶりに夫婦でドライブと鳥撮りを楽しんできました。
撮影場所は、バラバラです。

山口県で撮った・・・・ミヤマホオジロ 雌
2009_01_25_9999_37_1.jpg

ミヤマホオジロ 雄
IMG_3728_1.jpg

カシラダカ 雄
IMG_7897.jpg

これも山口県で撮った・・・ハギマシコ
A17R0060.jpg

集団でいました。
IMG_8086.jpg

これは、若松の公園で撮った・・ルリビタキ
IMG_0924.jpg

イソヒヨドリ・・雌
FX0A0064.jpg

マガモの夫婦だが・・・・雌は全体に模様が取れ頭と首が白色化していた。アルビノ風
FX0A0073.jpg

FX0A0081_20170109133324739.jpg

これも若松の公園だが・・・子狸が三匹いた。
親が見放したのか・・それとも死んだのだろうか子狸だけだった。
あまり食べていないのか栄養失調気味で・・・毛が薄く皮膚が見えていた
FX0A0129_20170109133323636.jpg

じーっとこちらを見ていたので、持ち合わせていたパンをちぎって投げてやるとむしゃぶりつくように食べていた・・・・。
FX0A0136.jpg

オシドリの夫婦・・・一番だけだった
FX0A0151_201701091333211cd.jpg

FX0A0178_20170109133321dc3.jpg

最近はゴルフばかりで・・・・。

2017年1月8日撮影

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。