イッセイ夫婦の野鳥写真館 

未熟な写真ばかりですが、中には珍しい野鳥の画も・・・・・・。

ハヤブサの狩り場面 

性懲りもなくハヤブサの狩りを撮影しに行っているのだが、なかなかうまく撮れません。
ハヤブサのスピードについていけないのが原因なのだが・・・・。

海面すれすれを飛び出したヒヨドリを、ハヤブサが追い付いて、ヒヨドリの群れを拡散しているシーン。
FX0A0234_201705112120137d8.jpg

拡大・・・ ヒヨドリが水面に触れているのかしぶきが上がっている。
FX0A0235a.jpg

ヒヨドリの群れが、乱れ、バラバラになり、引き返そうとしたところを、ハヤブサが襲ったシーン
FX0A0247a.jpg

ハヤブサにかく乱され、ヒヨドリ達がパニックになっているシーン
FX0A0201a.jpg

一羽のヒヨドリを追い詰めているシーン
FX0A0160a.jpg

一羽のヒヨドリが、海面に落ち、それをハヤブサが襲うシーン
FX0A0071a.jpg

獲物を追いかけているところですが、ヒヨドリが画面から抜けている。
FX0A0425.jpg

FX0A0238_2017050410595065e.jpg

空中で獲った瞬間のシーン・・・この少し前の画がほしいのだが・・・。(逆光気味)
FX0A0252.jpg

空中で処理
FX0A0266a.jpg

FX0A0272.jpg

飛びながら処理をし一目散に雛の入る巣穴へ・・・・。
FX0A0207A.jpg

今年初めて確認した雛ですが4羽いました。だいぶ大きくなっています。
A17R0325.jpg

平成29年5月5日撮影
スポンサーサイト

category: 猛禽/ハヤブサ

TB: 0    CM: 0   

関門海峡を渡る公共船舶 

ヒヨドリの渡り撮影中に関門海峡を往来した公共船舶

国土交通省、九州整備局
港湾業務艇 たちかぜ
FX0A0003.jpg

国土交通省、九州整備局
航路調査船 鎮西
FX0A0012_201704302028495a1.jpg

国土交通省、九州整備局
測量船 海燕
IMG_6462.jpg

北九州市消防局 消防艇 ひまわり
FX0A0024_20170430202847804.jpg

門司税関広域監視船 げんかい
FX0A0406_20170430202846841.jpg

宮崎県水産試験場調査船 みやざき丸
IMG_3263_201704302028459b6.jpg

海上保安庁 長崎 巡視艇 CL86のもかぜ
FX0A0567_20170430203434fc3.jpg

海上保安庁 門司 巡視艇 CL26もじかぜ
IMG_3643_1.jpg

海上保安庁 門司 巡視艇 CL145さとざくら
FX0A0002_20170430210537b53.jpg

海上保安庁 消防巡視艇 PC25ともなみ
IMG_5820.jpg

福岡県警 若松 警備艇 かざし
IMG_3230_20170430203431360.jpg

福岡県警 門司 警備艇 めかり
IMG_6347.jpg


category: その他

TB: 0    CM: 0   

鞍手にて 

昨日はショックでした・・・・。
鞍手の木月池横の蓮池に寄ったんですが・・・ここで大失敗をしてしまいました・・・。
うかつにも、奥さん使用の500mmに付けている三脚を道路わきに忘れ帰宅してしまい、
(この日は一人行動でしたので、奥さんに500mm用を借りていました)気が付いて行ってみると・・・・
もうありませんでした。誰かに持ち去られた後でした。
その日は、すぐ横で土砂を取る工事をしており、運搬用のダンプが何台も行き来はしていたのだが・・・
近くにいた工事現場のガードマンに聞いてみたが、あったようにも思うが・・・どうなったかは分からないとの事だった。
雲台にザハトラーを付けていたので・・・それがなんとも悔しくて・・・(こんなへまをするなんて年は取りたくないね・・・)
一応、近くにある中山交番に届けました。拾得物としてどこかに届けられていないか調べてもらったが・・・・ありませんでした。
置き忘れたとはいえ・・・黙って持って行って、届もしなければこれは明らかに窃盗だよな・・・。
それにしても・・・・三脚なんて価値がわかる者にとっては、宝物だが・・興味のないものにとっては使いようがないと思うのだが
確かに使い古しであるが、中古で売れば・ン万円にはなるかも?
たまたま見つけて持って行ったものが、価値が分かる人間だったという事かも・・・運が悪かったとしか・・・・残念。

シマアジがいました・・・今年はよく出会います。
FX0A0576_20170429175104ee3.jpg

ほとんど寝ていましたが・・・この雄が少し動いたきりでした。
FX0A0845.jpg

セイタカシギも昨年同様来ていました。3羽いました。
FX0A0861_20170429175102a8d.jpg

FX0A0791.jpg

これはいつものヨシキリです。
FX0A0762_1.jpg

平成29年4月28日撮影

category: 未分類

TB: 0    CM: 0   

ハヤブサの狩り 

4月から5月の中旬まで毎日見られるシーンである。
海峡近くの山からヒヨドリが一斉に飛び立つ。(500羽~1000羽近くの群れで飛ぶ)
IMG_6288.jpg

関門海峡の渡りが始まる
IMG_6319.jpg

IMG_6339.jpg

ハヤブサが山の木の上からヒヨドリの飛び立つ様子をじーっと見ている
2008_06_14_3853_1.jpg

頃合いを見てゆっくりと飛び立つ
2008_06_14_3860_1.jpg

後は一直線にヒヨドリの群れへ・・・・。
FX0A0629_20170421213757486.jpg

群れの中から目ぼしい一羽を追い立てる
FX0A0061_1.jpg

群れから離れた運の悪いヒヨドリが襲われ・・・・・犠牲となる。
FX0A0089_20170421213756abd.jpg

ダイビングキャッチ
FX0A0090_20170421213755081.jpg

足でしっかり掴みながら・・・・
FX0A0091_201704212137548c9.jpg

嘴で急所を突き・・・・。
FX0A0092.jpg

とどめを刺して・・・・。
FX0A0134.jpg

雛の待つ巣穴へと獲物を持ち帰る。
FX0A0097.jpg

(この雛の写真は、昨年の4月末に撮ったものもの) 今の時分はまだ小さい・・・と思われる。
FX0A0849.jpg

平成29年4月17日撮影

category: 猛禽/ハヤブサ

TB: 0    CM: 0   

シマアジ 

天気がいいのでドライブがてら、シマアジがまだ居るというので撮りに行って来た。
シマアジと言っても魚の事ではない・・・
カモの仲間で・・・名前がシマアジと言うのだ・・由来は雄の顔に白い縞状のすじがあり、また食用とすることもあり
食べると味がいいことからついたと聞くが・・・真意は定かでない。

現地についてみるとキンクロやホシハジロはいるが目的の鳥が見当たらない。
しばらく探したが・・・・。
仕方なくハシヒロガモの雄がいたので、このカモを追いかけていると・・・・。
FX0A0382_20170413092232f6f.jpg

岸辺の葦の方へ寄っていく
FX0A0418_20170413092231a55.jpg

しばらく見ていると・・・その葦の中からシマアジの雄が出てきた。
FX0A0413_20170413092230a74.jpg

岸辺の葦の中に隠れていたのだ。
私の意をくんで・・・ハシヒロガモが誘い出してくれたようだ???。
FX0A0440.jpg

雌も出てきた・・・なぜかハシヒロガモが私の方へ行けと追い立ててくれている様だ???
そう見えし、実際こちらへ寄ってくるからから不思議だ。
FX0A0428.jpg

シマアジの雄のアップ
FX0A0340.jpg

シマアジは旅鳥なので、日本に来るシマアジの数は少数ではある。
(3〜4月ごろ、秋ごろにも日本で見ることができる)
FX0A0348.jpg

雌のアップ
FX0A0642.jpg

しばらく番で湖面を行ったり来たりしていた。
FX0A0474_20170413092619fe2.jpg

全長37-41cm。眼上部には眉状に白い筋模様(眉斑)が入る。次列風切の光沢(翼鏡)は緑色。嘴はやや長く、黒い。
オスは雨覆が青灰色。繁殖期のオスは頭部の羽衣が赤紫がかった褐色で、眉斑が太くより明瞭。和名シマはオスの眉斑に由来する。肩羽は笹状に伸長し白黒。非繁殖期のオス(エクリプス)やメスは全身の羽衣が褐色で、黒褐色の斑紋が入る。また嘴から眼を通り側頭部にかけて黒褐色の筋模様(過眼線)が入る。メスは雨覆が灰褐色や淡青灰色。
生態・・・・・河川、湖沼、湿原などに生息する。
食性は雑食で、種子、水生植物、昆虫などを食べる。主にペアや小規模な群れで水面に頭をつけて
泳ぎながら採食を行う。   「野鳥図鑑」より

FX0A0314_2017041309261720f.jpg

FX0A0029_20170413092616740.jpg

しばらく湖面でまったりとしていたが・・・・。
やがて・・・・雌が先に飛び立ち・・後を雄が追って・・・・・隣の葦原へと消えていった。
FX0A0111_20170413092615806.jpg

天気が良すぎて、光が強く彩度がよく出なかったが・・・、
ハシヒロガモのおかげで撮ることができた・・・あまりお目にかかれない鴨なのでハシヒロガモに感謝
平成29年4月13日撮影

category: カモ・ガン

TB: 0    CM: 0   

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード